● 【募集終了】写真屋「monogram」(店舗)求人のお知らせ

東京・学芸大学にある実店舗・写真屋「monogram」にて、
一緒に働いていただける長期スタッフを募集いたします。

下記内容をご覧のうえ、お気軽にご相談ください。

 

 

■雇用形態
アルバイト

 

■勤務日
週4〜5日(土日祝含む)

 

■勤務時間
10:00〜20:15 の間で実働6時間から8時間(時間シフト制)
※時間帯は応相談

 

■時給
1,000円〜
※初月から3ヶ月間は研修期間(985円)
※3ヶ月目以降は能力を踏まえ、再度面談のうえ契約手続きをいたします。
※8時間/日 以上勤務は残業手当(時給25%UP)

 

■交通費
支給(往復1,000円まで/日)

 

■勤務地
有限会社モノグラム
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-19-13
Tel/Fax : 03-5941-5511

http://monogram.co.jp/about/
※東急東横線「学芸大学」駅より徒歩1分

 

■募集職種
実店舗スタッフ(長期)

 

■業務内容
・店頭商品の販売、接客
・DPEオーダー受付、フィルム現像や写真のプリントなどのDPE業務
・イベントの企画、実施

 

■応募条件
・ご自宅から当店まで通勤時間30分圏内の方
・写真を大切に思っている方
・接客が好きな方
・雑貨が好きな方
・カメラが好きな方
・やる気のある方
・ファッションに興味のある方
・写真店勤務経験のある方優遇
※もちろん写真店経験のない方でも構いません。

 

■勤務開始日
応相談

 

■その他備考
・社割(フィルムの現像・写真のプリント、アクセサリー購入等)あります。

 

■応募方法

下記専用フォームより必要事項を入力のうえ送信ください。

 

募集は終了いたしました。


ご応募いただきました後、1週間以内にご連絡を差し上げます。
お電話での受付は行っておりませんのでご了承ください。
ご不明な点は下記までお問い合わせください。

 

monogram 求人担当(アズマ)
TEL:03-3760-5852
E-mail:store @ monogram.co.jp

 

 



記事ここまで


● 【たなかのたなのなか】フォトフレーム(A4)

こんにちは、スタッフタナカです。

 

この4月に完成し販売をスタートしている、monogramオリジナルの新しいフォトフレーム2種類。

ひとつは、先日ブログでご紹介した「フォトフレーム(KG、L判)」

>ブログ「【たなかのたなのなか】フォトフレーム(KG、L判)」(過去の記事にリンクしています)

 

そして、今日はもう1種類の「フォトフレーム(A4)」をご紹介いたします!

 

 

「フォトフレーム(A4)」は、3通りの飾り方がお楽しみいただけます。

2Lサイズの写真が1枚入れられる台紙(上の写真左)と、

Lサイズの写真2枚を並べられる台紙(上の写真右)がセットになっている他、

台紙を外すとA4サイズの写真を飾ることができます。

台紙の余白も、写真を際立たせてくれます。

 

2Lサイズ1枚

 

Lサイズ2枚

 

A4サイズ1枚

 

 

 

スタンド付きで、壁掛け、卓上どちらにもお使いいただけます。

裏面にはオリジナルの証、monogramの焼き印入り。

 

 

探すとなかなか見つからない、細めの木枠で、シンプルなフォトフレーム。

木枠にはウォールナット材を使用し、職人さんがひとつひとつにオイルを塗り仕上げているため、

時間の経過と共にオイルが馴染み、艶が増し深い木の色合いへと変化していきます。

 

 

台紙を使って飾り方を変えることで、がらりと雰囲気を変えることができるこのフォトフレームは、

気分転換や季節、行事に合わせて写真を入れ替えてお楽しみいただくのもおすすめです。

また、写真展などの作品でお使いいただいたり、

写真だけでなく、イラストや絵画、お子さまが描いた絵などを飾るのも良さそうですね。

 

 

フォトフレーム(A4)5,000円+税

 

>実店舗「monogram」

店舗限定で、お写真のプリントをセットした状態でのラッピングも承っております。

店頭で、デジタルデータ(スマートフォンや各種メディア)からすぐにプリントすることも可能です。

ご希望のかたはスタッフにご相談ください。

 

〒152-0004

東京都目黒区鷹番2-19-13

03-3760-5852

東急東横線「学芸大学駅」東口より徒歩約1分

OPEN 12:00〜20:00/水曜定休

 

>monogramオンラインストア

>monogramオンラインストア「フォトフレーム」

税別7,000円以上で送料無料、ラッピングも承っております。

 

フォトフレームをお探しのかたには、「【特集】フォトフレームを贈ろう」のページもおすすめです。

>【特集】フォトフレームを贈ろう(過去のブログページにリンクしています)



記事ここまで


● 「写真で話そう」に参加して

こんばんは、スタッフタナカです。

皆さま、monogramが不定期で開催している「写真で話そう」という企画をご存知でしょうか?

 

 

【「写真で話そう」ってなに?】

パソコンやスマートフォンのモニターを通して見る写真ではなく生の写真を見て、

みんながどんなとき、どんな思いでシャッターを切り、どのようにプリントしたり、保存しているか、
日ごろの写真の悩みや、気になるカメラのこと、
みんなにとって、自分にとって、写真とはなんなのか?などなど、
いろいろな話をして、さらに写真を好きになりましょう!

 

という企画です。

 

 

今までに数回開催して毎回盛り上がっていたのですが、しばらく開催できず...。

2018年12月にはおよそ5年ぶりに開催することができました。(不定期すぎる?笑)

そして、今年の1月に開催された「写真で話そう“お正月を写そう”編」に

私スタッフタナカも参加させていただきました。(初めて!)

 

参加したと言っても、記録係として参加したため、実際には写真を持って行ってはいなかったのですが、

参加者の皆さんの写真を見て、お話を聞くだけでもとにかく面白い!

 

 

「写真で話そう“お正月を写そう”編」では、

事前に「写ルンです」をお渡しして撮影してきていただくという宿題がありました。

この回ではタイトル通り、お正月や冬休みのお写真を撮ってきていただくというものでした。

その他にも、普段撮っているお写真もお持ちいただき、

それもみんなで見ていろいろお話しすることができました。

 

 

同じ時期に、同じカメラで撮る。

それをプリントして並べて見る。

 

それぞれのクセや、好きなものも見えてくるし、

なんでこれ撮ったの?!という面白い写真や、

あちゃー暗くて何も写ってないやというコマもあったり、

撮ったご本人も覚えていないコマや、これどうやって撮ったの?!というものも。

みんなのおせち料理ってどんななの?とか、ここどこですか?とか、

もはや写真とは関係のない話になっていったり。

 

 

写真という共通点があるだけで、はじめましてのかたともこんなに楽しくお話しできるなんて!

と、私もわいわいさせていただきました。(途中から記録用の撮影も忘れていたような...)

 

 

「写真で話そう」という企画は、まさに「写真で話そう」なんです。

写真好きだけど、周りに写真好きがいないというかたも、

普段はデジタルで撮っているけど、これはなんか面白そうというかたも、

まだ写真始めたばっかりでカメラのこともよくわからないから、教えてもらえたらうれしいというかたも、

いつもフィルムで撮ってもデータ化しかしていなくて、プリントは普段しないというかたも、

SNSでしか写真をあんまり見ないというかたも、

もちろん、リピーターのかたも!(実際にリピーターのかたも多い)

皆さん、一度参加してみませんか?

時間があっという間に過ぎてしまうほど、楽しくて面白いですよ!

 

 

2019年4月24日現在、「写真で話そう“GOLDEN WEEKを写そう”編」の参加者募集中です!

もうすぐやってくるゴールデンウィーク!

こちらも写ルンですで撮影していただく宿題がありますので、気になるかたはお早めにお申し込みくださいね。

詳しくは、募集ブログにて

>【5/25(土)開催】「写真で話そう“GOLDENWEEKを写そう”編」参加者募集中!(過去のブログ記事)



記事ここまで


● 【たなかのたなのなか】フォトフレーム(KG、L判)

こんばんは、スタッフタナカです。

 

この4月、monogramオリジナルの新しいフォトフレームが2種類完成いたしました!

今までもmonogramではフォトフレームのサイズや種類を豊富にご用意してきましたが、

今回の2種類も「たしかにこんなの欲しかった!」というものができたのではないかなぁと思います。

 

今日はまず1種類ご紹介したいと思います。

それがこちらの「フォトフレーム(KG、L判)」です。

 

 

定番中の定番、KG(ハガキサイズ)とL判の2サイズを飾ることのできるフォトフレームです。

木枠はKGサイズに合わせてつくられていて、さらにL判の写真が入れられる台紙が1枚セットになっています。

1つで2通りの飾り方をお楽しみいただけます!

ご自宅にあるお写真も、この2サイズが多いのではないでしょうか?

 

 

スタンド付きで、壁掛けと卓上とどちらにもお使いいただけます。

フォトフレームが11.6cm×16.7cmと小さめなので、

玄関やテレビボード、デスクの上などのちょっとしたスペースにも飾りやすくて重宝しそうです。

また、monogramオリジナルデザインの為、裏面には「monogram」の焼き印が入っています。

 

 

色はブラウンとナチュラルの2色。

ブラウンはウォールナット材を使用し、1点ずつオイルを塗って仕上げています。

ナチュラルはブナ材を使用し、1点ずつワックスを塗って仕上げています。

天然の木材を使用している為、木目の表情もそれぞれお楽しみいただけます。

どちらも時間の経過と共にオイルやワックスが馴染み、艶が増し、色に深みが出てきます。

 

定番の写真サイズ、かさばらない大きさということもあり、

お土産にしたり、プレゼントにもとってもおすすめのフォトフレームです!

 

 

フォトフレーム(KG、L判) 2,200円+税

左:ブラウン 右:ナチュラル

 

>実店舗「monogram」

店舗限定で、お写真のプリントをセットした状態でのラッピングも承っております。

店頭で、デジタルデータ(スマートフォンや各種メディア)からすぐにプリントすることも可能です。

ご希望のかたはスタッフにご相談ください。

 

〒152-0004

東京都目黒区鷹番2-19-13

03-3760-5852

東急東横線「学芸大学駅」東口より徒歩約1分

OPEN 12:00〜20:00/水曜定休

 

>monogramオンラインストア

>monogramオンラインストア「フォトフレーム」

税別7,000円以上で送料無料、ラッピングも承っております。

 

また、3月に特集した「【特集】フォトフレームを贈ろう」はご覧いただけましたでしょうか?

これをきっかけに、monogramのフォトフレームを知ってくださったかたも多かったようで

店舗スタッフも、オンラインストアスタッフも、とてもうれしかったです。

引き続きご覧いただけますので、チェックしてみてくださいね。

>【特集】フォトフレームを贈ろう(過去のブログページにリンクしています)



記事ここまで


● 【たなかのたなのなか】monogramフィンガーストラップ

こんにちは、スタッフタナカです。

今日は、店舗先行で販売をスタート、現在ではオンラインストアでもお取り扱い中の

大人気商品「monogramフィンガーストラップ」をご紹介いたします。

 

 

「monogramフィンガーストラップ」は、その名の通り指だけ通して使うストラップ。

なので、とっても小さくてかわいい!

 

最近はコンパクトカメラをお使いのかたも増え、

・かさばらないストラップがあると良い

・でも何もつけていない状態だと不安

というご意見も多く、ハンドストラップよりもさらに短い「フィンガーストラップ」を

monogramの革製ストラップでおなじみの、Leather Factory Roberuさんに作っていただきました。

 

 

試作の段階では、もっと太めのものや、編み込みデザインのものもありましたが、

カメラに取り付けて指に通してみたり、持ってみたり、カメラを構えてみたり、

使い心地と見た目も大事!と、社内の男性女性スタッフ総出で意見を出し合った結果、

現在の幅・デザインに決定しました。

(シンプルなものほど、ミリ単位での調整が大事!)

 

色展開は最後まで悩み、店舗先行販売の初回入荷分では、なんと9色展開でご用意していましたが

そこから人気の色に厳選し、今後は5色展開で販売することになりました。

 

2019年3月の発売から1ヶ月の間に、すでに2本目を買いにいらっしゃるかたなど、

リピーターも続出しているこの「monogramフィンガーストラップ」

 

 

実は「写ルンです」や「スクエアフォトカメラ」につけてもかわいいんです。

セットでプレゼントにもおすすめですよ!

2点以上の商品をまとめてのラッピングも承っていますので、ご相談くださいね。

>写ルンです

>スクエアフォトカメラ

 

 

また、店舗限定で裏面に無料で刻印をお入れすることもできます!(2文字まで)

スタッフもさっそく購入して刻印を入れていたりと、社内でも人気です。

※オンラインストアでは、この商品は刻印サービス対象外です

 

 

いかがでしたでしょうか?

革部分の長さが5.5cmと、とても小さくてかわいいmonogramオリジナルの「フィンガーストラップ」

何色も集めたくなってしまいそうですね。

 

monogramフィンガーストラップ(ひもタイプ) 900円+税

左から:レッド、イエロー、グリーン、ナチュラタン、ネイビー

 

>実店舗「monogram」

実際にカメラをつけてお試しいただけます。

店舗限定で無料刻印サービスも承っております。

 

〒152-0004

東京都目黒区鷹番2-19-13

03-3760-5852

東急東横線「学芸大学駅」東口より徒歩約1分

OPEN 12:00〜20:00/水曜定休

 

>monogramオンラインストア

税別7,000円以上で送料無料、ラッピングも承っております。

その他のお買い物に“ちょい足し”アイテムとしてもおすすめです。



記事ここまで


● 【2019年】ゴールデンウィーク期間の営業日・休業日のお知らせ

実店舗「monogram」とオンラインストア「monogram ONLINE STORE」の

2019年ゴールデンウィーク期間の営業日・休業日のお知らせです。
 

 

●実店舗「monogram」

祝日問わず、通常通り営業いたします

お写真のご注文や、お買い物のご利用もお待ちしております。

店頭でお写真のご注文のち、郵送でのご返却も可能です。(代引きのみ)

ご遠方からのお客さまも、東京にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

〒152-0004

東京都目黒区鷹番2-19-13

03-3760-5852

東急東横線「学芸大学駅」東口より徒歩約1分

OPEN 12:00〜20:00/水曜定休

>monogram

 

●monogramオンラインストア

上記カレンダーをご確認ください

ゴールデンウィーク前までに商品をご入用の場合は、4月中お早めにご注文ください。

帰省土産用にフォトフレームや、ご旅行用のカメラバッグ、フィルムのストックもお忘れなく。

税抜7,000円以上で送料無料となります。

>monogramオンラインストア

 

 

今年のゴールデンウィークは、平成から令和への変換時でもありますね。

なかなか体験できない時代の変わり目、皆さまのご来店とご利用を心よりお待ちしております!



記事ここまで


● 1913

4月15日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

黒木重信さん、藤井純さん、新村暁子さん、小松原麻里さんの4名による写真展 1913 を開催中です。

 

この4名は、以前にmonogramで行っていた『monogram写真教室「写真表現」クラス』

2013年後期のクラスを受講されていた生徒さんの内の4人。

 

写真教室が終わってからは、4人で撮影に出かけたり、カメラの貸し借りをしたり、

4人の内2人で展示をしたり、個展をしたり、各々活動をしていましたが、

メンバーの内のひとり、黒木さんがご自宅に「黒木暗室LABO」(モノクロ暗室)を作られてから、

モノクロの現像やプリントを4人で行い、昨年2018年には初めて4人で写真展を開催しました。

 

 

今回の展示では、写真教室から1913日...約5年が経ち、その間にそれぞれがどのように変化してきたか、

写真教室の修了展で4人が展示した実際の作品も含めて、ご覧いただけるようになっています。

 

展示方法は皆それぞれですが、

共通して、この5年の間に撮ってこられたお写真が、

左から右に向かって新しくなっていくように並べられています。

 

藤井純さん

 

新村暁子さん

 

小松原麻里さん

 

黒木重信さん

 

 

皆さんに「この5年で、ご自身の写真に変化はあったと感じますか?」と質問してみました。

 

黒木さん:「変わりました。展示を見たらわかると思いますが。大きく変わりましたね。」

藤井さん:「自分はあまり変わっていない気がするけど...

      被写体は変わらないけど、それ以外の何かが変わったと感じてもらえたらうれしいです。」

新村さん:「良くなったか悪くなったかはわからないけど、変わった気がする。」

小松原さん:「写真教室の授業を受けていた頃と比べたら、かなり変わった!

       修了展のころにフィルムカメラのすごさにちょうど気がつき、

       その後フィルムカメラを使い続けて、最近やっとカメラと仲良くなれてきた気がする。」

 

 

 

展示作品の他、それぞれのブックも見応えがあります。
 

また、作品の販売も行っています。

販売方法もいろいろで、中でも小松原さんの作品は、

展示されている写真をその場で購入して持ち帰れるようになっています。

売れて空いたスペースには、また新しい別の写真を展示されるので、

展示作品も入れ替わっていくそうです。

 

 

お話ししながら、今回の展示をやると決めた経緯をお伺いしたのですが、

今年の4人での新年会の際にお酒を飲みながら「また展示をやろう!」と盛り上がり、

その場でmonogramのギャラリー空き状況を確認し、今回の展示が実現したそうです。

4人の仲の良さと信頼関係が伺えるエピソードでした。

 

黒木さん、藤井さん、新村さん、小松原さん、4名の写真の軌跡を辿る展示。

ぜひ会場でご覧ください。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

●展示情報

2019年4月15日(月)〜 2019年4月28日(日)
1913

※休館日:4月17日(水)、24日(水)
※最終日:4月28日(日)16時まで

※在廊予定日:4月20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)


●内容
monogram写真教室で出会った4人。

卒業して1913日経ちました。



時に写真に喜び、時に苦悩した5年2ケ月28日間。



今回の展示ではそれぞれの軌跡を辿ります。

4者4様の変遷をお楽しみ下さい。

●イベント
開催日 4/20(土)15:00〜

ささやかですがお菓子とコーヒーを用意し、作家全員でお待ちしておりますので、お気軽にお越し下さい。

※お菓子はなくなり次第終了

●作家
黒木重信
藤井純
新村暁子
小松原麻里

 

●場所

monogram 2階ギャラリー

〒152-0004

東京都目黒区鷹番2-19-13

03-3760-5852

東急東横線「学芸大学駅」東口より徒歩約1分

OPEN 12:00〜20:00/水曜定休

>monogram



記事ここまで


● カメラと生きるモノづくり

4月8日(月)より、monogram 2階ギャラリーではLeather Factory Roberuによる

レザーアイテムの展示を行っております。

 

 

横浜から世界に日本のモノづくりを発信しているレザーファクトリー。

monogramのほとんどのカメラストラップは、

このLeather Factory Roberuの職人さんに作っていただいています。
Roberuのファンは国内に限らず、海外のかたにも大変人気です。


その理由は、代表の岩元さんの革の質へのこだわりやデザインにあると思います。

以下、岩元さんの今回の展示についての言葉をお借りしました。

 


 柔らかい質感のタンニン鞣しオイルレザーを主に用い、

 限りなくシンプルで機能的なデザインを心掛けて作品製作を行っております。

 今回のテーマは「カメラと生きるモノづくり」と題し、
 カメラのある暮らしに寄り添った様々な作品を展開したいと思います。

 レトロなカメラや最新機種のカメラにも良く似合うカメラストラップ を始め、
 コンパクトカメラを可愛く収納できる新作ポーチや、

 今回の個展でしか見れない1点物の作品なども展示致します。

 展示作品の一部はmonogramさん1階店舗にて購入することもできます。

 ROBERUが提案する暮らしに寄り添った作品の質感を是非とも会場にてご体感くださいませ。
 

 

展示されている商品は、1階店舗にてご購入いただけます。

(一部ご予約での販売商品もあります)

 

 

●イベント

展示期間中、Roberu代表の岩元さんによるワークショップを開催いたします。

 

 

ROBERUワークショップ「世界にひとつのレンズキャップケースを作ろう!」
4月13日(土)・14日(日)の2日間

ROBERUが厳選した牛革を使いオリジナルのレンズキャップケースをお作りいただけるワークショップを開催いたします。

現在も参加者募集中!各回先着8名となりますので、気になるかたはごお早めにご予約ください。

<開催日時>
【A】2019年4月13日(土)11:00 〜 12:30
【B】2019年4月13日(土)13:30 〜 15:00 
【C】2019年4月14日(日)11:00 〜 12:30
【D】2019年4月14日(日)13:30 〜 15:00

 

詳細は、

>ROBERUワークショップ「世界にひとつのレンズキャップケースを作ろう!」(過去ブログにリンク)

をご覧ください。ご予約もそちらの応募フォームからお願いいたします。

 

写真からではお伝えしきれない、革の質感や深い色味など、ぜひ直接触れてご覧ください。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

 

●展示情報

2019年4月8日(月)〜 2019年4月14日(日)
カメラと生きるモノづくり

※休館日:4月10日(水)
※最終日:4月14日(日)16時まで

 

●作家プロフィール
ROBERU
代表 岩元 慎治

漫画家志望の青春時代から一転、独学でレザークラフトを研究し、

2007年、Leather Factory Roberuを立ち上げる。
平面のアートから立体造形の楽しさに惹かれ、モノづくりに没頭。
今や伝説となったパリのセレクトショップ「Colette」を始め、世界17カ国に作品を展開している。
国内では「LEXUS」とのコラボ企画としてシートレザーを用いたペンケース等、Wネーム作品も展開している。
 

●場所

monogram 2階ギャラリー

〒152-0004

東京都目黒区鷹番2-19-13

03-3760-5852

東急東横線「学芸大学駅」東口より徒歩約1分

OPEN 12:00〜20:00/水曜定休

>monogram



記事ここまで


● 【たなかのおなかのなか】皆さまへ

 

こんにちは、スタッフタナカです。

今日は、皆さまへのお手紙をここに書かせていただこうと思います。(長くなりそう)

 

私は、2012年7月にmonogramの店舗スタッフとして入社し、そこから約7年が経ちました。

あっという間の7年。

 

そしてこの度、2019年5月をもちましてmonogramを退職いたします。

今年の8月に出産を予定しているためです。

 

「写真屋さん」という仕事は初めてでしたが、monogramスタッフからはもちろん

お客さまからも写真やカメラやレンズ、現像、撮影方法についてもたくさん教えていただきました。

はたまた、お料理についてや、絵画のこと、写真集や雑貨のこと、行ったことのない国のこと、

お洋服のこと、ラーメンのこと、おすすめの場所などなど、本当になんでもお話しさせていただきました。

 

「写真屋さんって、なんだろう?」

「monogramって、なんだろう?」

と、考えるときもあります。

この問いは、店長のアズマとも繰り返し話してきたことですが、

明確な答えはいつもわからないまま。

でも、「この場所にあり続けること」というひとつの答えを、店長アズマはいつも言っていました。

私も7年という時間でしたが、本当にその通りだなと思います。

 

定期的にでも、うんとご無沙汰していても、

時々でも思い出していただけたら、それだけでとびきりうれしいのです。

(お会いできたらもっとうれしい!)

monogramはそういう場所だなぁと思います。

そしてその形がたまたま「写真屋さん」なのかなぁとも思います。

 

でも、皆さまと私やお店との間には「写真」という繋がりがあることが、

なんだかうれしかったのです。

monogramだから出逢えたのだなぁと思うのです。

 

 

時々、「ただいま」と言ってお店に来てくださるかたがいらっしゃいます。

それってとってもうれしい!!

 

ここにmonogramはありますので、変わらずいつでもこれからも、遊びにいらしてください。

私も残り約2ヶ月、皆さまにお会いできることを楽しみに、お店に立たせていただきます。

 

 

追伸

名残惜しくて、ご挨拶もしたくて、

ゴールデンウィークを含む4月29日(月)〜5月12日(日)まで

monogram2階ギャラリーで写真展を開催させていただくことになりました。

あっという間に4月になってしまいましたが、目下準備中です!!

こちらもお時間合いましたら、ぜひ遊びにいらしてください。

展示の詳細は、またmonogramのホームページに掲載いたしますね。

>実店舗「monogram」

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

monogram スタッフタナカより



記事ここまで


● 【シガmemo】思い出すこと

まばらに咲く花が池の水面で泳いでる。

すれ違う人の頬も心なしか桜色だなぁ、なんて。

さいきんの東京は随分と春めいてきて、

ハレギをきたお嬢さん方がとても眩しく見えます。

 

卒業もはじまりの一歩でしょうか。

終着駅は始発でもある、いつかテレビで聞いた言葉が頭に浮かびます。

 

わたしはお店を辞めてからもブログの更新を続けていて、

monogramのスタッフ日記を書き始めたのは2012年の春のことでした。

 

そのせいでしょうか。

春になると今まで書いた記事を思い出します。

数えてみると【シガmemo】という名前になってから前回がちょうど50回目でした。

50という数字が多いのか、少ないのかはわかりませんが、

続けているとこういうキリのいい数字にたどり着けるんだなぁと少し感慨深くなります。

 

 

 

 

 

そういえば、最近読んだ杉本博司さんの著書の中にこんな言葉がありました。

「アートが今できることは、思い出すことかもしれない、」

地層のように積み重なった時間を遡って見つめることも、未来に対してポジティブなことだなぁと思うのです。

 

 

さて、アートと呼ぶには程遠いものですが、記憶喚起装置としての写真が我が家にもいくつかあります。

例えば冷蔵庫にマグネットで貼り付けている写真。

キッチンは1日の多くの時間を過ごす場所だから、見るとやわらくなる写真を。

実家の冷蔵庫にもいろいろな写真が貼ってありました。母も同じ気持ちだったのかな?

台所で熟成した写真の話は、2016.7.11更新の「写真熟成」にて。

 

 

それから、夫の書斎の本棚にうやうやしく祀っている写真。

私たちの生存確認のような?証拠写真は、2017.3.24日更新「ツーショット」にエピソードが載っています。

 

 

 

慌ただしい毎日、心に留めておきたいことも流れてしまいがちだけど、

そのたび毎に「思い出す」、そんな機会を数多く持てたらなぁと思います。

1日に何度も見るこの写真たちは、今や”暮らしのお守り”のような存在なのです。



記事ここまで


<< | 2/107PAGES | >>


◎ブログ記事検索

 

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他