● 【募集締切】monogramスタッフ募集のお知らせ

 

※本募集は締め切らせていただきました。

monogramではスタッフとして一緒に働いていただける方を募集いたします。
下記内容をご覧のうえ、お気軽にご相談ください。


■雇用形態
アルバイト

■業務内容
・オンラインストアに関連した業務
・商品の梱包・発送
※実店舗の写真屋「monogram」勤務スタッフの募集ではありません。

■勤務日
平日2日〜5日(月曜日と木曜日は必須)
※土日祝はお休み
※年末年始の冬期休暇、お盆時期の夏季休暇あり

■勤務時間
10:00〜18:00 の間で4時間から7時間
※時間帯は応相談

■時給
1,000円〜
※初月から3ヶ月間は研修期間(970円)
※3ヶ月目以降は能力を踏まえ、再度面談のうえ契約手続きをいたします。

■待遇
・交通費支給(往復1,000円まで/日)
・8時間/日 以上勤務は残業手当(時給25%UP)
・社割制度(写真の現像・プリント、アクセサリー購入等)

■勤務地
有限会社モノグラム
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-19-13-3F
Tel/Fax : 03-5941-5511
http://monogram.co.jp/about/
※東急東横線「学芸大学」駅より徒歩1分

■応募条件
・ご自宅から当店まで通勤時間45分圏内の方
・写真や雑貨に興味のある方
・主婦の方、別途お仕事をされている方も歓迎

■歓迎するスキル
※とくに必要ありませんが、あれば優遇いたします。
・接客業経験者
・オンラインストア運営経験者
・写真撮影業務経験者
・Web制作(HTML、CSS等)経験者
・紙媒体デザイン、グラフィックデザイン経験者

■勤務開始日
2018年4月以降(応相談)

 

■応募方法

下記よりの【求人応募フォーム】より必要事項をご記入のうえ送信ください。

3営業日中にこちらからお返事を差し上げます。

 

※本募集は締め切らせていただきました。

 

 

■その他
基本的に最初に覚えていただくことはありますが、難しい知識や技術、体力を酷使する業務ではありません。
写真やカメラ雑貨の好きな方、お客さまや店舗とのコミュニケーションを楽しめる方、ご応募お待ちしております。

 



記事ここまで


● 【2階ギャラリー】2018年にご使用いただける方を募集中です!

こんにちは、店長アズマです。

現在 monogramでは、2018年に2階ギャラリースペースをご使用いただける方を募集中です。

 

写真の展示だけではなく、絵画などジャンルを問わず表現の場としてお貸し出ししています。
過去にはイラストやコラージュ作品の展示、

ご自身で作られたアクセサリーや服の展示会でご使用いただいたことも。

>今まで開催の展示のご紹介(ブログ)
>monogramギャラリー現在開催中の展示

 

 

【募集中の会期】

★5月28日(月)〜6月3日(日)
★6月18日(月)〜6月24日(日)
9月17日(月)〜9月23日(日)

9月24日(月)〜9月30日(日)

10月29日(月)〜11月4日(日)

 

 

上記、頭に「★」がついている日程に関しましては、

会期がせまっているため、通常料金の30%OFF・35,000円/1週間「直前割」でご利用いただけます。

すでに展示物が用意できている!!時間がせまっていたほうがやる気がでる!!

などの強者のみなさまのご利用もお待ちしております☆

 

その他、今までのお貸出し単位「1週間」「2週間」に加え、1日単位でのお貸出しも承っています。

「金・土・日だけ展示したい!」「1日だけイベントで使いたい!」など、お申込みの際にご相談ください。

ご使用料金は、9,000円/1日となります。

 

また、当ギャラリーをご使用いただくみなさまの作品を多くの方に長くご覧いただきたいという想いから、

2週間ギャラリーをご使用いただくとお得な「2週間割」サービスを実施しています。

通常1週間のご使用料金は50,000円ですが、「2週間割」では、

ご使用料金合計が80,000円(通常より20,000円引き)となりますのでぜひご検討ください。

 


ご使用は個人でもグループでもOKです!



かならずコチラの「レンタルギャラリー概要」をご覧いただき、お申込みください。

 

>レンタルについて「レンタルギャラリー概要」/ monogram Webサイト



専用フォームよりお申込みいただき、スタッフが内容を確認後

順次ご連絡させていただきます。



ご不明な点は下記までお問い合わせください。

monogram ギャラリー担当:東(アズマ)
TEL:03-3760-5852


みなさまのお申込みを心よりお待ちしております。

 

 



記事ここまで


● 【たなかのたなのなか】写真を飾る・贈る

こんにちは。3月も後半。

「ばいばい、またね」と「はじめまして」がある季節。

 

現在、monogram1階店舗にて「写真を飾る・贈る」を特集しています。

フォトフレーム、アルバム、写真サイズのボックス、

キーホルダー型のミニフォトフレーム、メッセージも書けて郵送できるアルバム、

写真を使って作れる4月始まりのカレンダーなどなど、おすすめ商品が盛りだくさんです!

 


写真をフォトフレームに入れて飾れば、いつでも見ることができますし、

インテリアとして自分の写真を楽しむこともできます。

 

 

大切な人を撮った写真、みんなで撮った集合写真、いつか見たきれいな空、

旅行先での景色、大事な記念日、おいしいコーヒーとケーキ...

お部屋に、食卓に、玄関に、オフィスに、目の届くところに飾ると

ふとしたときにうれしいものです。

そんな「うれしい」を、誰かに贈るのも素敵です。

写真をフォトフレームやアルバムにセットした状態でプレゼントすると、とーっても喜ばれます。

私もそうやってプレゼントをいただいたときに、とっっっても嬉しかったです。

それ以来、よく真似して写真をフォトフレームにセットしてプレゼントするようになりました。

 

せっかくお気に入りの1枚があっても、スマホの中に入れっぱなしだったり、

スワイプして流すようにしか見ていなかったり。

...もったいない!

 

お気に入りの写真だけでもプリントしてみませんか?

monogramでは、L版サイズなら1枚35円、KG(はがき)サイズなら1枚40円でプリントできます。

 

 

フォトフレームは、monogramオンラインストアでご購入いただける商品もございます。

こちらもチェックしてみてくださいね。

>monogramオンラインストア/フォトフレーム

 

みなさまのご来店、ご利用をお待ちしております。

>実店舗「monogram」

>monogramオンラインストア

 

 

<おまけ>

ブログに掲載する写真は、いつもはデジタル一眼で撮影しているのですが、

今回のブログはフィルムで撮影してみました。

夕方に撮ったので、なんだかセンチメンタルな光です。

使用カメラ:FUJIFILM NATURA CLASSICA

使用フィルム:FUJIFILM NATURA1600



記事ここまで


● 光と陰

3月12日(月)より、monogram 2階ギャラリーにて、

中村将人さんによる写真展「光と陰」を開催中です!

 

今回の展示は、2017年に開催された個展「色のない美しさ」以来、

中村さんの一年ぶりの個展開催となります。

 

 

今回の展示は、11名の女性のポートレート写真。

前回のモノクロとはまた異なり、今回はすべてカラーで表現されています。

それぞれの女性の「光と陰」の表情の変化にご注目ください。

 

みなさまのご来場をお待ちしております!

 

 

●展示情報

光と陰

2018年3月12日(月)〜 2018年3月25日(日)
※3月14日(水)、3月21日(水)休館日
※最終日3月25日(日)16時まで

 

---

明るい表情と暗い表情、光と陰。
対極な表情を写し、人の二面性を表現したいと考えております。
表情ひとつで別人と化する女性達の美しさをご観覧ください。
---


●作家プロフィール
中村将人(なかむら まさと)
1981年 鳥取県生まれ
2017年 個展「色のない美しさ」開催



記事ここまで


● 【店長日記】熊谷WSってなんだろう

こんばんは、店長アズマです。

 

現在、3月23日(金)から開始する「熊谷聖司写真ワークショップ(2期)」の参加者を募集中ですので、

第1期でどのようなことが行われていたのかご紹介しようと思い、この記事を書くことにしました。

 

 

まず、ワークショップってなんだろう?

と、熊谷さんとワークショップをやらせていただくことになった時から

昨年9月末に第1期ワークショップが始まるまでの間、私はもんもんと考えました。

 

言葉の意味は辞書を引けばすぐに出てきますが、私がもんもんと考えていたのは「言葉の意味」ではなく、

「その場所では、どのようなことが行われるのか?」ということ。

 

 

熊谷聖司写真ワークショップ(以下、熊谷WS)では、会ごとに各自が写真を持参、

熊谷さんだけではなく参加者全員で写真を見て、感じたことを話します。

自分だけでは気がつけない写真のこと、

「この写真のここが好き」「どういうかんじで撮ったの?」「この光がいいね」


感じたことを言葉にするのはとてもハードルが高いことのように思えます。

そもそも私たちは、「感じる」こと、自分が感じていることに「気がつく」ことができているでしょうか?

 

そのハードルを越えることこそが「なにか」をつかむ第一歩。

自分の写真を見てもらって言葉をもらうことだけが、ワークショップの中で行われていることではありません。

他人の写真を見る、感じる、気がつく、言葉にすることが、自分の写真にもかえってくる。

 

 

毎回写真を持ってくるわけで、同じことを繰り返しているようにも思えますが、決して同じではありません。

写真について考える時間を重ね、ディスカッションを重ね、時を進めていくなかで、得るものは何か?

それぞれが自分のいきたい道へ進んでいきます。
 

増えていくというよりは、こだわりすぎていたことなどが剥がれ落ちていく、

不思議な感覚を味わった、約3ヶ月間+α。

私はスタッフとして参加(自分の写真は持参しない)をしましたが、パラパラと剥がれ落ちました。

 

 

熊谷WSをご紹介するとは言ったものの、明確な言葉でお伝えできずすみません。

参加し得られるものは、言ってしまえばそれぞれの参加者の中にあり、それぞれがこれからも考えていくもの。

熊谷WS第1期・全12回を通し、私が得たものは私のもの。
 

一例として、熊谷WS第1期参加者のお2人のことばをご覧ください。

 

<櫻木綾子さんより>

このワークショップでは「よく見る」ということが、

いかに世界観を豊かにするかということを身をもって実感する事ができたと思います。

そして「撮った写真を自分から離していく」という作業も、

よく見ることで自然と進んで行ったように思います。

それによって写真がぐーんと違って見えてくるのです。写真は不思議で面白い。

熊谷さんのエネルギーを吸い取りつつ、自分を開拓していく面白さを存分に味わった時間になりました。

 

 

<萩原博之さんより>

写真家・熊谷聖司さんの長期ワークショップ。

これは受けずにはいられません。

普段から感じていた「だいたい合ってるのに、間違えてる感じ」、

そんな整理のつかない写真の原因も分かるかもしれないと思いました。

 

僕にとって、熊谷さんの存在は特別で、

これまでもたくさん影響を受けてきたつもりですが、

やはり、直接教えを受けることができたのは、とても大きかったです。

 

あれこれと考えて画づくりせずに、

直感的に身体的に、見て、感じて、素直に写真を撮ること。

整った上手い写真を撮ることよりも、

初期衝動やあえて不均一の面白みを優先することを楽しんだり、

強すぎる思い入れを積極的に離していき、

純粋にいい写真を求めて、意思をもって、

自分から放しつつも、熱量を高めていく。

 

そんな写真の在り方が素晴らしいと思ったのです。

とても素晴らしいと感じてしまったのです。

これまで囚われていたことからも救われて、

悩みの糸口も掴めたように思えます。

 

さらに、熊谷さんの作品を間近で拝見できて、

その凄みに改めて圧倒されながらも感激して、

また、プリントや編集のことも非常に興味深くて、

本当にこのうえない幸せな時間でした。

また今度や二度目はないであろうこの時を糧に、

大好きな写真を続けていきます。

 

私自信は今まで、写真教室やワークショップに参加したことはありません。写真以外のもありません。

でも熊谷WSにはぜひ参加してほしいと、自信を持ってお伝えします。

 

熊谷WS第2期・全12回を通してあなたが得られるものは、あなたのものです。

 

 

ご興味をお持ちいただき、ご参加の場合はこちらから↓↓

>「熊谷聖司写真ワークショップ」2期 参加者募集のお知らせ / スタッフブログ記事

3月10日(土)時点では、あと2名の方にご参加いただけます。

 

 

最後に、熊谷聖司さんのプロフィールを。

 

熊谷聖司(くまがい・せいじ)

1966年 北海道函館市生まれ

1994年 第十回写真新世紀公募優秀賞(南條忠生氏選)

    『第三回写真新世紀展』にて年間グランプリ受賞

個展に「もりとじゃねいろ」「あかるいほうへ」「spring,2011」「EACH LITTLE THING」

「MY HOUSE」「BRIGHT MOMENTS」「夢に纏う色彩」写真集多数。

Webの書店「マルクマ本店」を運営。

 

公式サイト:http://www.kumagaiseiji.com

公式サイト(マルクマ本店):http://kumagaiseiji.buyshop.jp

 

 



記事ここまで


● 熊谷聖司写真展「わたしの時間をあなたにあげる」 I give you my time

2月26日(月)より、monogram 2階ギャラリーにて

熊谷聖司写真展「わたしの時間をあなたにあげる」 I give you my timeが始まりました!

 

 

今回の写真展のテーマは、"時間"。

1996年から去年までの約20年間で撮影された写真から構成されています。

 

展示中のほとんどの作品は、熊谷さんがご自身で暗室にてプリントされ、

一点一点、写真にあわせた多種多様な額装で展示されています。

 

 

今回の展示にあたり、

「写真は常に過去のものになるけど、拾い集めて展示してみると違うものに見えてくる。

そんな何かを見てみたかった。」と話してくださった熊谷さん。

 

熊谷さんのお話を直接もっと聞いてみたい!というかたは、ぜひトークイベントにお越しください。

3月3日(土)17時より、熊谷聖司とmonogram店長・東尚代によるトーク、
「東尚代がちょこっと解きあかす、熊谷聖司」を開催いたします!(30〜45分間)
入場無料、どなたさまでもぜひお気軽にご来場ください。

 

 

ギャラリーの展示作品は販売中ですので、1階スタッフにお声がけくださいませ。

また、1階店舗では熊谷聖司さんの写真集も多数取り揃えておりますので、ぜひお立ち寄りください。

 

 【追記】会期終了いたしました。ご来場ありがとうございました!

 

●展示情報

2018年2月26日(月)〜 2018年3月11日(日)
「わたしの時間をあなたにあげる」 I give you my time

※2月28日(水)、3月7日(水)休館日
※最終日3月11日(日)16時まで

 



何かを見て
1 / 125でシャッターを切る
カメラは一秒を125に割り
そのうちのひとつ
それがフィルムに収まる

流れている時間を留める

わたしの時間
あなたの時間
それらは受け渡しできるか
わかりませんが
そんな事を想いながら写真を選びました

 

 

●作家プロフィール
熊谷聖司(くまがい・せいじ)
1966年 北海道函館市生まれ
1994年 第十回写真新世紀公募優秀賞(南條忠生氏選)
    『第三回写真新世紀展』にて年間グランプリ受賞
個展に「もりとじゃねいろ」「あかるいほうへ」「spring,2011」「EACH LITTLE THING」
「MY HOUSE」「BRIGHT MOMENTS」「夢に纏う色彩」写真集多数。
Webの書店「マルクマ本店」を運営。

公式サイト:http://www.kumagaiseiji.com
公式サイト(マルクマ本店):http://kumagaiseiji.buyshop.jp

 

 

●「熊谷聖司写真ワークショップ」2期参加者募集のお知らせ

http://camepstaff.jugem.jp/?eid=1345



記事ここまで


● 【シガmemo】はじめての写真

昨年の春、ちょうど桜が散ったうららかな日、私は、はじめての写真を手にした。

それは一枚のエコー写真。自分の身体の中に芽生えた命の写真だった。

写真に写った小さな粒を見て「真珠みたいやな〜。」と夫は言った。

私たちの真珠はその後も順調に分裂を繰り返し、写真を撮るごとに人間らしくなった。

 

 

あるとき胎動というものを感じるまで、私と子どもをつなぐものは、

病院の先生が撮影するペラペラの感熱紙に焼かれたエコー写真だったように思う。

まだ見ることも触ることも、感じることさえできない命が、

この世に存在していることを、私は写真によって知ることとなった。

 

 

これまで考えもしなかったけれど、

私も家族も友達も、道ですれ違う知らない人たちもみんな、

はじまりは、あの小さな真珠だったと思うと、なんとも不思議な気持ちになる。

 

 

 

さいきん里帰りを終え、自宅でゆるやかな3人暮らしがはじまった。

 

このまえ娘を揺らしながら「ねんねんころりよ、おころりよ〜」と無意識に歌っていた。

「子守唄が古い」と途端に可笑しさがこみ上げてくる。

 

他の子守唄を歌おうにもレパートリーがないので、

仕方なくロックバージョン、ジャズバージョン、オペラ調などアレンジしてやり過ごしている。

 

あの歌は、母が私に歌ってくれたものだろうか。

もしかしたら祖母も母に歌っていたかもしれないなぁ。そう想像すると少し胸が熱くなった。

 

 



記事ここまで


● 【そぶちゃんねる】学大おやつマップ巡りをしてきました!

 

こんにちは、店舗スタッフのソブカワです。

こちらでは初めましてですね。

これから色々な事を書けていけたらな、と思います。

ブログタイトルは台風の日に、店長アズマとカネコが一緒に考えてくれました。お気に入りです。

 

ちょっとした自己紹介などをしたいのですが、

気持ちが冷めやらぬうちに本題へ進みたいと思います!

 

 

今日はスタッフイマナカと二人で、「学大おやつマップ」巡りをしてきました!

 

カメラとおやつマップを持ってmonogramからスタート!

 

まずは学芸大学駅を抜けて、西口方面へ。

食べ歩きもしたいけど、お土産も買って帰りたいよね。

と、食いしん坊爆発させながら一軒目のお店へ。

 

最初に伺ったのは、「目黒 ひいらぎ」さん!

monogramスタッフ全員大好物な たい焼き屋さんです。

冬にたい焼き食べ歩きなんて最高ですね、幸せです。

たい焼きの他にも、きんつば、テイクアウトできる甘酒などもありました。美味しそう…

 

おやつマップ巡りをしているところをお伝えするつもりが、

写真を撮る前に全部食べちゃうところでした。危ない。

 

次にお伺いしたのは、2018年2月にオープンした「芋研」さん!

焼き芋、干し芋、大学芋、芋けんぴの店です。

さつま芋好きの私にはたまらないお店です。

 

スタッフみんなで食べれるようにと、芋けんぴをお土産に買いました。

 

初めて行くお店は、嬉しいドキドキがあって胸が満たされます。

今度は、今日とは違うルートで学大おやつ巡りをしたいです!何を食べようかなあ〜

 

学大おやつマップをゲットして、お一人で満喫してもよし!

休日にお友達や恋人を誘って行くもよし。です!

皆さまのオススメのお店や(おやつじゃなくても!)

お散歩中に新しいお店などを見つけたら、是非教えてくださいね。

 

 

 



記事ここまで


● 熊谷聖司写真ワークショップ 修了グループ展(後半)

2月12日(月)より、monogram 2階ギャラリーにて、

熊谷聖司写真ワークショップ 修了グループ展(後半)、開催中です!

 

今回の展示は、「熊谷聖司写真ワークショップ」受講生のみなさんによる、修了グループ展となります。

後半は、吉澤美季さん、藤井純さん、madomiさんの3名の展示です。

 

 

 

 

全12回の講座は、2017年9月にスタートし、前半・後半の修了グループ展をもって完結します。

写真の講評やディスカッションを通して、

写真を撮り、見せるために必要なことをじっくり学んできたみなさんの成果を、ぜひ会場にてご覧ください。

 

2月17日(土)17時からは、会場にて参加者によるプレゼンテーションを開催!
どなたさまでもご来場いただけますので、

展示作品やワークショップについて訊いてみたい方は、ぜひお気軽にご来場ください。

前半のプレゼンテーションも和気あいあいとした雰囲気で、とても盛り上がりました!

 

 【追記】会期終了いたしました。ご来場ありがとうございました!

 

 

●展示情報

2018年2月12日(月)〜 2018年2月25日(日)
熊谷聖司写真ワークショップ 修了グループ展(後半)

※2月14日(水)、21日(水)休館日
※最終日2月25日(日)16時まで


●内容
2017年9月より開催の「熊谷聖司写真ワークショップ」

参加者3名による修了グループ展。

●出展者
吉澤美季、藤井純、madomi

 

●2期生募集のお知らせ

3月3日(土)12:00から、熊谷聖司写真ワークショップ2期の参加者募集を行う予定です。
詳細につきましては、別途お知らせいたします。



記事ここまで


● 【たなかのたなのなか】「学大おやつマップ」作りました!

こんにちは、スタッフタナカです。

2月ももう10日。

もうすぐバレンタインですね。

 

バレンタインに手作りチョコもいいけれど、

一緒に食べ歩いたり、「おやつと思い出の写真を一緒にプレゼント!」

なんていいなぁ〜と、これは私の理想であり、妄想でもあり。

でも、もらったときに写真が1枚あったら、またひと盛り上がりすると思うんです。

 

そんな妄想から、この辺りでおやつを買うならここもあそこもおすすめだしなぁ...

とスタッフと考えているうちに「学大おやつマップ作りたい!!!」

と、どんどん盛り上がり、作ってしまいました!

 

じゃーーーーん!!!!!

 

 

スタッフにおすすめを聞きながら、

「あーっあそこおいしいよねーーー!」

「え、なにそれ、おいしそう!どこ??!」

「ああああああああ食べたい」

「もう今すぐ行きたい」「全部食べたい」

「いや、おにぎりはおやつじゃないでしょ」「いや、おやつだよ」

と、ニヤニヤしながら、食いしん坊欲と戦いながらリストアップしていき、

あっという間に14店舗も挙がりました!

学大&食いしん坊、おそるべし。

 

マッターホーンのお菓子と、カメラ型のウッドブローチと、写真

そこにモチーフタグのハートを添えてラッピング

 

学芸大学駅に来たら、monogramで写真をプリントして、おやつを買いに行きませんか?

そして写真を受け取ったら、おうちで袋に入れるなど、ラッピング♪

おやつに写真を1枚添えるだけで、素敵な贈り物になりますよ。

店頭では、お写真をプレゼントにするのにおすすめの小物も、いろいろご用意しています。

 

どのお店もmonogramから徒歩ですぐ行ける場所なので、

お友達や自分用にもハシゴして買ったり、食べ歩いたり......

妄想は止まらないのでした♪

 

 

この「学大おやつマップ」は、monogram店頭でのみお配りしています。

お気軽にお立ち寄りください。

 


>実店舗「monogram」

〒152-0004

東京都目黒区鷹番2-19-13

03-3760-5852

東急東横線「学芸大学」東口から徒歩約1分

OPEN 12:00〜20:00(水曜定休)



記事ここまで


<< | 2/99PAGES | >>


◎ブログ記事検索

●求人のお知らせ

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他