● 【シガmemo】外はもう春色。

先日、お客様からこちらの雑誌を貸していただきました。


○気になった言葉○
「フィルムは見たものと違うけどちゃんと私が見たものが写ってる」
「半分実験みたい」
「決定する作業や発想力」

既に読まれた方も多いかな?
読み終わってからお礼のお手紙を書こうと
しばらく「フィルムで撮ること」について考えました。

きっと私はごくごく普通の「優越感」を味わいたいのです。


「今どきフィルムカメラ?おねえちゃん珍しいね!」の声で
好きなものを好きなように見て、感じられたことで
自分が特別なひとになれたような感覚ってありませんか?

人とは違うなにか武器みたいなものを持っているような、そんな感覚。


毎日の生活のなかで一つでもそういった「優越感」を持てたなら、
とても幸せなことだと思います。



「今私の見ているこの色は隣の人にも同じように見えているのだろうか」
と、首を傾げては何の根拠もないけれど横にふっての繰り返し。


「人が違えば見え方も同じじゃないんじゃない?」
ふとした会話の中で、そう言ってお客様が笑ったときドキっとしました。
身近な人と同じ気持ちでいられることもまた、すごく幸せなことですね。



科学的なことは知らないけれど、
日々続いていく目の前の世界をいつまでも面白がっていたいです。
「白は本当に白なの?」って、笑われちゃうかもしれないけれど。


見たものと違うけど、ちゃんと見たものが写ってる。



スタッフシガ



記事ここまで



◎ブログ記事検索

 

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他