● 【カメラとYシャツと高橋(仮)×フィルムカメラのススメ】Rollei35 編

名字より名前で呼ばれたい。
こんにちは、スタッフタカハシです。

「フィルムカメラのススメ」ワークショップの前に月一恒例となってきましたこの連動ブログ。
いつも通り「フィルムカメラのススメ」で使うカメラのインプレッションをしていきます。
今回使うカメラは中判二眼の王道Rolleiflexで有名なRollei社の35mmカメラ「Rollei35」。

沈胴式のレンズやカメラ前に集約された操作ダイヤルなどにより小型化を実現。
小さいながらも露出計も内蔵しており、カールツァイスのレンズが使われていたりと
写りの良さももちろんのこと、物としても魅力のあるカメラとなっています。
種類もさまざま作られており、レンズ違いのものや露出計などが省かれた廉価版などもあります。



ただ距離計がついておらず目測でのピント合わせとなっているため、
狙い通りにピントを合わせるにはなかなか慣れが必要。
でもピントが合えばさすがツァイスレンズ、キリッとスッキリした描写をします。
そんな数ある「Rollei35」の中、カールツァイス「Tessar」レンズのついたものに
「Kodak PORTRA400」を詰めて撮った今回の写真がこちら。










※レンズはCarl Zeiss Tessar 40mm f3.5」にて撮影
 PORTRA専用補正をベースに補正しスキャン

目測にちょっと不安もあったためある程度絞って撮ったせいもありますが、
やはりシャープでキレのある描写、小さいのに侮れません。
間違いない写りの良さと手のひらサイズのコンパクトさを活かし、パンフォーカスに固定して
ピントを気にせずパシャパシャとお散歩スナップカメラとして使うのにぴったりではないでしょうか。

毎回さまざまなカメラを使ってフィムルカメラの楽しみを知る「フィルムカメラのススメ
今回の「Rollei35」編、募集締切は9/7(土)と迫っておりますがぜひぜひご応募ください♪

>詳細はこちら『フィルムカメラのススメ「ローライ35編」』参加者募集中


記事ここまで



◎ブログ記事検索

●おすすめリンク

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他