● 【シガmemo】VS X線

 こんにちは。スタッフシガです。



東京でも桜が咲き、待ちに待った春が!!
花粉症のスタッフも多いので大喜びとはいきませんが、私はとても好きな季節です。



最近、学生のお客様の卒業旅行のお写真をよく見かけるようになりました。
これから春休みなどを利用して海外旅行に出かけるかたも多いのでは!?


フィルムユーザーのみなさまは手荷物検査にご注意を☆



感度が高いフィルムはX線を浴びてしまうと
感光してしまい、写真がキレイに写らなくなる危険があります。


感度は数が大きくなるにつれて光に敏感に反応します。

感度が高いフィルムは室内でもフラッシュなしで撮影できたり、
NATURA1600は夜桜など暗い場所でも撮影できるのが魅力です。
そのため、X線のような少ない光にも反応してしまうのです。


最近はフィルムカメラを使う人が少ないため、
海外の空港ではちゃんと説明しないとわかってもらえません。

手荷物検査の時は、他の荷物のようにカゴに入れずに
係の人に手渡しすれば大丈夫です。

私はよく「電源入れて!」と言われたり(ディスプレイを確認しようとする)
「外蓋を空けろ!」みたいな動作をされることがあります。


日本の空港のX線はISO1600で感光しないものもあるようですが
基本的にISO400以上のフィルムは手荷物で機内に持ち込んでくださいね。

今まで私が見たX線の影響を受けたフィルムの特徴は、
現像後のネガが変色して像が薄くなってしまったり、
波打ったような光の跡が出たりします。


みなさまの楽しい思い出が写真に残りますように....♡





記事ここまで



◎ブログ記事検索

 

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他