● 【プリントのはなし(仮)】そろそろプリントの話をします

こんにちは。店長アズマです。

以前、こちらのブログで私が始めた『写真のはなし』 を振り返ってみると、
最後に更新したのが2011年10月でした。なんと!

日々写真と触れ合う生活の中で、私達スタッフが感じることは様々。
最近「minigram(ミニグラム)」の2人が色んな「写真の話」をしてくれているので
私はここで、「プリントの話」をしてみようかと思います。


私が写真屋さんで働き始めたのは11年前。
その頃は写真を撮ったらプリントをするのが当たり前で
毎日たくさんのフィルム達と格闘していました。

その頃にくらべれば今、写真を撮った後、プリントをする機会は減っています。
それは写真を撮る人の選択肢が増えたということなので、とても幸せなこと。
でも、写真が「紙」となって在り続けて欲しいと、思わずにはいられません。



最近、プリントした写真。4月のこと。
撮影カメラ:CONTAX T2
使用フィルム:富士フイルム NATURA1600
撮影シチュエーション:休日の午後
プリント担当者:アズマヒサヨ

昨年、母と暮らし始めました。
お休みが合わずあまりゆっくり一緒に過ごすことがないのですが
4月のとある月曜日、母がベランダのお掃除をしているところを
ぼんやりと眺めて過ごしました。

満開の桜と、午後の少し重たい日差し。
そんな空気を感じられるようにプリントをしました。

ザラついた写りが好きなので、感度の高いフィルムをよく使います。
みなさんはどんな風にフィルムを選びますか?
今度お目にかかれたら、ぜひ教えてください。





記事ここまで



◎ブログ記事検索

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他