● 寺田尚代写真展「境界線もない」

境界線もない

こんにちは。
本日からはじまる写真展のお知らせです。


寺田尚代といえば、
モノグラムのスタッフHのこと。(ライブラリーブログ書いてる人!)
2006年から写真を撮り始めた彼女の初の個展。
ここ数ヶ月、個展の準備をすごーく頑張ってきました。
できあがった彼女らしい心の宿る写真展に一同ホロリ。。

シャッターを押すのは、嬉しくても悲しくても感情が動いたとき、とのこと。
では、できあがった写真で”好きな写真”と思うのは?という質問には、
より感情が入ってる写真。と答えてくれました。

写真を撮るときには、写真に写る端から端までの景色をしっかりとみるようにしている、
そんな彼女の写真の中には、彼女に必要なものしか写っていません。
会場ではそんなことを考えながら見てみてください。
そうすると、何気ないものでも彼女の息を感じることができます。

そして、プリンターでもある彼女は、自分の写真はもちろん普段から自分プリント。
今回の作品も、色見本を自分でプリントしています。
プリントするときには、見たときのまんまにプリントしていると言います。
元気なとき、寂しいとき、同じ景色でも違った色、空気を感じますが、
それをプリントの時に再現しているのですね。
そんな彼女は人の写真をプリントするときでも、
ネガが語りかける撮った人の気持ちをとーーても大切にしているような気がします。

寺田尚代の写真展は、11月28日(日)まで。

週末は本人も在廊しています。
みなさまのご来場お待ちしております。


記事ここまで



◎ブログ記事検索

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他