● 【シガmemo】残したいものってなんだろう?

1999年にノストラダムスの大預言というのがあった。

 

まだ記憶に新しい人も多いかもしれない。

 

その年は連日テレビで、「地球滅亡」とか「2000年問題」とか大人が騒いでいたせいか、

 

小学生だった私は、よく悪夢をみた。

 

地球最後の瞬間は空が真っ赤に燃えていて、住んでいた家の屋上からそれを見る。

 

悪夢のラストシーンは、いつも決まってこのシュチュエーションだった。

 

翌朝目覚めると、「まだ生きてる」とホッとしたもんだ。

 

その頃から考えると、2019年が近未来な数字に思えてくる。

 

 

当時の私は、映画「マトリックス」にハマっていて、

 

小学校から直帰、友達と遊ぶ時間を惜しんでDVDに噛り付いた。

 

VHSテープじゃないから擦り切れはしないが、

 

本当に大げさじゃなく、擦り切れるほど円盤を回してた。

 

 

先日、久しぶりにマトリックスを見たのだが、

 

あれってAIだったのね、ということに今さらながら気がついた。

 

そして今見てもやっぱり面白かった。今見るとさらに面白いのかもしれない。

 

 

 

相変わらず動画文化にずぶずぶなのだが、

 

2019年の私は、からっきし円盤を回さなくなった。映画はデータで見ちゃう。

 

写真もSSDに保存して、手のひらほどの空間に数千万枚を保管する。

 

クラウドに保存する人は、その”手のひらサイズ”さえも不要かもしれない。

 

いろんな物がなくなっていくんだよなぁ、これからはもっと。

 

そう思うと、私は何を持ちたいのだろう?と思う。

 

みんなはどんなものを所有したいのだろう?と。

 

そんなことを考えながら、最近はフィルム一眼レフをわざわざ首に引っ掛けて

 

家や山や街中をうろついている。

 

重くて、真っ黒な金属の道具。

 

クローゼットで幅を利かせるネガの存在感もなかなかだけれど、

 

私はこれを持っていたい、と思ったわけだった。



記事ここまで



◎ブログ記事検索

 

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他