● 小野寺葉月 個展「きのう、きょう、それからあした」

9月17日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

小野寺葉月さんによるイラストの展示「きのう、きょう、それからあした」を開催しています。

 

 

今回の展示を開催してくださっている小野寺さんは、約1年前に東京から長野に拠点をうつされました。

標高1400mの山の中での暮らし。

日ごと、季節ごとに山は姿をかえていきますが、変わらずにそこにあり続ける。

 

ワクワク優しくもあり涼しくもある色づかいの、小野寺さんが描いたイラストをみていると

変わらず、変わりながら、そこにある山に会いに行きたくなってしまいます。

 

 

 

山だけではなく、その細部にも。

 

 

描いた人の生活の中に根付いているから、まっすぐにストンと、

私たちのなかに山はやってきてくれます。

 

会場内の「ごあいさつ」より、以下引用

朝 子どもを保育園の登園バスまで送ったあと

仕事がはじまるまでの1時間、近くの湖や 森や、

眺めのよい 場所までブーンと 車を走らせる、朝ドラ(朝のドライブ)

をすることが 私の生きがい、ぐらいになってました。

いつしかその稜線を、ペンで追いたくて 描くようになりました。

 

 

 

 

会場では、今までに描かれたイラストや携わられたフリーペーパーなどをご覧いただけるほか、

学芸大学で生まれ育った小野寺さんオススメのお店がいっぱいの

「ここおいしい&すてき行って行ってMAP 学芸大学+祐天寺」もお持ち帰りいただけます。

ぜひ展示をご覧になった帰り道、小野寺さんのオススメのお店に遊びに行ってみてくださいね。

そして、マップに同封された「山の家日記」も、ストンと心にやってきます。

 

小野寺さんと山の毎日を、ぜひじっくりご覧ください。

 

 

●展示情報

2018年9月17日(月・祝)〜2018年9月24日(月・祝)

小野寺葉月 個展「きのう、きょう、それからあした」

※9月19日(水)休館日

※最終日9月24日(月・祝)20時まで

 

●内容

長野で大好きになった山のイラストを展示いたします。

東京から長野に拠点をうつし、約1年が過ぎました。
長野の山に住み、毎日山を見ていました。
山はいつもそこにあり、季節によって姿は違えども
どーんとあるスタンスは変わらなくて・・・
そんな山に憧れ、焦がれ、励まされ、包まれた日々。

気づけば恋をしているように山ばかり描いていました。

わたしと山の毎日を切り取った展示です。

初個展となります。よろしくおねがいします。

●作家プロフィール
小野寺葉月(おのでらはづき)
1983年生まれ
鷹番保育園 卒園
五本木小学校 卒業
女子美術大学付属中学校・高等学校 卒業
女子美術大学短期大学部テキスタイル 卒業

イラストや文章を描いて暮らしています。

2017年11月、東京から長野県に移住
子どもとヤマネとの、2人と1匹暮らし。
標高1400mの山で生活しています。

 

 

 



記事ここまで



◎ブログ記事検索

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他