● 【シガmemo】ライカが家にやってきた!

こんばんは。みなさまいかがお過ごしですか?

私は娘を寝かしつけ、ほっと一息つきながらこれを書いています。

 

 

さて春といえば、毎年我が家は時間に余裕ができるので、

仕事の手を一旦止めて、少し長めの休暇をとり、旅に出ることにしています。

だから春は一年で一番楽しい季節です。

しかし、今年は乳飲み子がいるため、ほいそれとロングステイなんて夢のまた夢。

 

でも「せっかく働いて貯めた旅行費、使わずにいるのはもったいない…。」

と、しばらくの間、余った予算の使い道を考える日々が続きました。

そしてあるとき我が家で閃いたのが「ライカを買う!」こと。

 

 

そうと決まれば、なんだかとてもワクワクしてきました。

何年もカメラを触ってきたけれど、ライカの世界はまるで未知。

私には、遠いものに感じていたからです。

 

まず、ボディを何にしようかと悩みました。

正直私はレンジファインダーを使いこなせる自信がなくて、

(空間把握能力に問題が…!?)所有者は夫に決定。

 

そこで彼が選んだのは新らしいM7。

使っていくうちにヴィンテージ品になるのも悪くないなぁと。

 

続いてレンズ。ピンからキリまで、いろいろ。ん〜選ぶのが難しい。

こんなときは玄人に聞いてみようと思い立ち、

私はmonogramにいたときから親交のあるお客様に連絡、アドバイスを仰ぐことにしました。

レンズは50mmと決めており、お薦めいただいたのが、沈胴式ズミクロン。

的を絞って探しはじめるも、いい玉が見つからず、1週間、2週間と時間は過ぎていき...

 

ようやくレンズを購入できたのは、それから1ヶ月後のことでした。

欲しいと思っても、すぐに手に入らないのもヴィンテージ品ならではでしょうか。

やっとボディにレンズを装着。さっそく構えてみると、なんだかズシッと重い。いい緊張感がありました。

 

 

こうして機材を揃えるまでは、私もあれこれ口出ししましたが、

そこから先は夫婦喧嘩の火種になりそうなので、静観してます。

家政婦は見た!ばりに、カメラと格闘する夫を覗き見する毎日。

 

 

先日、記念すべき1本目のフィルムを撮り終え現像したところ、結果は未露光。

それから撮影中にバッテリーの蓋を紛失してスペアを買いまくり。

家族旅行でフィルム4本撮り、現像したら全部ピンボケ。あーあぁ。

(沈胴式のレンズを沈したままだった!)

と、まぁ毎回がっかりする夫ですが、

一筋縄ではいかないって、なんでこんなに興奮するんだろうねと笑ってます。

 

 

そうそう、私もフィルムカメラを使い始めたころは毎日が戦いだったな。

何度も失敗して悔しくて、思い通りにできなくて、それでもまた撮りたくなって。

そんな初々しい気分を思い出すノスタルジックな春でした。

 

 

さて我が家のライカちゃん、実力はいかに?!今後に期待です。

〈4月は家族旅行で日光〜奥日光へ行ってきました。〉



記事ここまで



◎ブログ記事検索

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他