● 【シガmemo】絞りとシャッタースピード

みなさま、こんばんは。

先日、私の身近な男の子がmonogramでOLYMPUSのOM-1を購入し、フィルムカメラデビューを果たしました。

彼は、高校の入学試験に合格したばかり!

すぐに「OM-1を買ったよ〜」と知らせを聞いて、羨ましくなりました。

OM-1を使っている人はお洒落な人が多い気がする〜

 

はじめてカメラに触れるとき、「絞りってなに?」「シャッタースピードって?」とハテナがたくさん浮かんでくるものですよね。

フィルムカメラってちょっと難しそうと思われてしまいがちですが、

コツを知っていれば大丈夫!嫌厭するほど難しいものではありません。

春はお天気もよいので写真を撮るのに失敗が少なく、初めてでもチャレンジしやすい季節ですよ〜。

今回はわたしの撮影時のポイントを列挙してみたいと思います。

参考になるかはわかりませんが!お付き合いくださいませ〜

 

 

 

●絞りとシャッタースピードの組み合わせ

マニュアルカメラの楽しさって自分で絞り(F値)やシャッタースピードを調節して、

写真の写りを自在に表現できることではないでしょうか〜?

だけど全部自分で決める!ってはじめはちょっと大変だったりします。

被写体やシチュエーションに合わせて、こんなふうにわたしは選んでいます。

 

1、シャッタースピードを優先して撮ろうと思うとき

 

,海匹發籠以を撮影するとき

子どもや動物に「じっとして!」なんて願いは通じないものです。

一緒に出かけるときは、1/125以上に設定することが多いです。

 

街中でスナップ撮影するとき

カメラをぶら下げて街中を歩くとき、私はまず1/250に設定してから出かけます。

スナップしてても、たいていのものはピタッときます。

 

人の流れや動きを感じたとき、一度立ち止まってシャッタースピードを遅く。

すると下のように動いた人だけがブレる写真が撮れたりします。

(1/80くらい)

0鼎ぞ貊蠅濃1討垢襪箸

日の出間近の時間帯が私はとても好きです。

でも太陽が昇る前は暗いので露光不足になりがち。

三脚などを使わず手持ちで撮影するときは1/60がブレにくいギリギリラインだと思います。

脇をぎゅっと締めて、撮ってみてくださ〜い。

 

 

 

2、絞りを優先して撮ろうと思うとき

カメラのレンズの中の”羽”を閉じたり開いたりさせることで、被写界深度を調節します。

(以下、F値を高く設定することを(羽を)絞る、F値を低く設定することを(羽を)開ける、最小値にすることを開放と表現します。)

 

―性を近くで撮るとき

(撮影時 F1.2 顔の下で新聞紙を持つとレフ板効果があります)

 

性差別とかではないのですが、女性を撮るときは少し慎重になります。

絞りは開放ぎみに。明るさも少し明るめがいいかなぁって。

なぜって私も色々飛ばして欲しい!ぼかして欲しい!と思うから。

(撮影時 F5.6)

 

街並みや風景を撮るとき

(撮影時 F22)

手前から奥までピタッと、パンフォーカスで撮りたいのが風景写真。

f11以上がおすすすめです。お天気がいいと絞れるのでgood!

 

(撮影時 F11)

 

食べ物や花

(撮影時 F2.8)

昨今、撮影後にぼかしを加える機能がありますが、

使用するレンズによってボケの風合いが変わるところもレンズ選びの楽しさですよ〜。

自分の写真を見返してみると、食べ物や花を撮るときはレンズを開ける傾向。

みなさんも自分の癖、なにかありますか〜?

 

(撮影時 F2.8)

 

それから、はじめのうちは撮影時に絞りやシャッタースピードを記録しておくと、

現像した写真と照らし合わせることができるのでおすすめです。

(少し面倒なので、気が向いたらやってみてくださ〜い。)

 

最後にこちらは昔の記事ですが、参考にしてみてください。

 

●フィルムの詰め方

【minigram日記】フィルムカメラを使ってみよう♪の巻

●露出のいろいろ

【シガmemo】アンダー撲滅活動その1

【シガmemo】アンダー撲滅活動その2

【シガmemo】アンダー撲滅活動その3

 

●OLYMPUS OM-1ってどんなカメラ?

【カメラとYシャツと高橋(仮)】OM-1×PORTRA 編



記事ここまで



◎ブログ記事検索

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他