● 【シガmemo】あきらめなかったこと

「1年が早いーー!早すぎるーー!あっという間ダーー!」っと、

この時期、毎年のように言っている気がするのですが、

今年も残すところ、あと2ヶ月.....。みなさまいかがお過ごしですか?

 

 

私は、今年のはじめに「あきらめないこと」と題し、ブログに1年の目標を書きました。

紆余曲折あったものの、半年ほど前、奥多摩に理想的な家が見つかり契約に漕ぎ着けました。

山に家を探して約2年。諦めなくて本当によかった。

そして心が折れそうな時は、言葉にする、声に出すことが大事だなぁと感じました。

 

 

我が家の選択は「移住」ではなく、「多住」です。
普段は郊外に借りている自宅で過ごし、週2〜3日山の家に移動するという暮らし方。

〈車窓から見た御嶽山〉

 

山の家は新宿から急行で80分。
築80年の古民家で、家に入ってすぐ囲炉裏があります。
「夏の湿気を飛ばすには、囲炉裏がいい」と建築家さんからアドバイスをもらい
蝉の声を聞きながら、せっせと火を起こしました。
室内は日差しを避け、朝晩の気温は25度。

夏なのに火にあたっていると不思議な感覚ですが、これがとっても気持ちいいんです。


家の裏には斜面の畑があり、山を背負っています。
契約後、急いで夏野菜を植えましたが、あっという間にグルメな動物たちのご飯になりました。
裏山には、鹿や猪、クマさんお猿さんにアライグマなど様々な住人が暮らしています。

 

もちろんご近所さんは動物だけではありません。

近くに住んでいる人たちのコミュニティは心あたたかく、ユニークです。

それもこの家を借りたいと思った理由の一つでした。

 

〈夫は各地から子供たちを集め、山や川でフィールドワーク三昧。〉

 

最近では山々がうっすら色づき、紅葉狩りに訪れる登山者で電車の中が賑やかです。

大きな台風が過ぎたとたん、空気がシンと冷たく秋めいて来ました。

室内で囲炉裏にあたって、体はポカポカ。

日が暮れたら庭で焚き火です。秋刀魚を焼いて、カボスを絞る。

く〜〜〜!これが美味いのなんのって!日本人でよかったぁ、と思う瞬間です。

 

 

 

これから山の家をどんなふうに活用していくか、まだまだ考える余地がありそう。

今は薪ストーブ設置に向け、奮闘中の毎日です。「ガレージに暗室を作る!」という密かな野望もあります。

 

 

 

来年も新しい出会いを恐れず、近くにいてくれる人たちに感謝して、

改めて「人」を大切にしていけたらいいなぁ〜と思っています。気が早いけど。

 

●2017.02.16 更新 【シガmemo】あきらめないこと 



記事ここまで



◎ブログ記事検索

●おすすめリンク

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他