● 【シガmemo】写真熟成

私は古いものが好きかもしれない。

 

一晩寝かせた西京焼。

 

3年よりは5年ものの梅ぼし。

 

特に「古酒」という響きに弱い。

 

古い家に住んで、古いカメラに相変わらずフィルムを詰め込む。

 

そんなことを言うと、「懐古主義者」と思われそうだけど、そうでもない。

 

写真を撮った「過去」よりも、写真がある「未来」に執着したいです。

 

 

 

 

 

6月、今年もひとつ年をとりました。

 

ワインならば、私もそろそろビンテージと呼ばれるお年頃だろうか。

 

ツンと爽やかな酸味より、重い香りや渋みを身につけたいものです。

 

 

 

そういえば、実家の冷蔵庫にずっと貼られている写真がある。

 

長年、台所で熟成されたせいで、匂いすら放っている気がします。

 

 

高校3年生の私と母。

 

誰が撮ってくれたんだろう?

 

考えた甲斐もなく、思い出せずじまい。

 

撮ってくれた人、どうもありがとう。

 

今更でごめんなさい。誰だかわからないけど。

 

 

 

 

 

10年前の写真を見て思うことは、

「写真があるって、なんか嬉しい。」単純だけど、そう思います。

 

 

 

 

【使用したカメラ:写ルンです(使用した写真 2006年撮影)】



記事ここまで



◎ブログ記事検索

 

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他