● 【シガmemo】さよなら、

2014年。
年の瀬気分がまったくないまま晦日をむかえてしまいました。
みなさまにとってどんな一年でしたか?

私はいろいろなことが劇的に変化した年でした。
「今だ!」と思ったときの瞬発力を大切にした年でした。
「撮りたい」ときにもう躊躇しないことに決めました。
アクションは自分から仕掛けるものだと思いました。


そして、改めて「作ること」が大好きだとわかりました。


パンは生き物だと思ってから、急に生地が膨らむようになりました。
クリスマスシュトレンはお友達のホームパーティに持っていったり
毎日、家族とお気に入りの珈琲でしっとり食べました。
贈る人のことを考えながらちくちく針を刺す時間はいいものです。
写真をアルバムに、お手製の袋にいれてプレゼント。
時間とともに思い出を重ねていくことが好きです。
何を隠そう、お花は本にはさむ派です。
こちらの押し花はポストカードにして大切な人たちに送りました。
ただ想っているだけじゃなくて、カタチにして伝えたいです。
従姉妹の結婚式。髪を切ったので着物が着たくなりました。
母の白い着物、やっと着させてもらえる年齢です。
時代をこえていけるものに惹かれます。着物もカメラも同じ。



11月、3週間ほど西の方に行っていました。
修学旅行ぶりに訪れた京都。長屋に住みたい住みたい。
鴨川添いを歩いているとパリの町を思い出しました。
暖かくなったらあの町にいるのだと思うと楽しいスキップのはじまり。
ひょっこり神戸にも足をのばしました。
あまりに穏やかな海、私の知ってる海は太平洋の荒波。
海は海なのに波も色も匂いも違う、新しい海。



時間に余裕ができたので、甥っ子たちと思う存分遊びました。
子どもはすごいです。一緒にいると楽しい発見にたくさん出会えますね。

子どもたち同様、目に見えないものの力を感じました。

母はよく「娘さんは英語がぺらぺらなんですか?」と聞かれるそうですが
決まって「いいえ、娘はただ勇気があるだけです。」と答えるそうです。
確かに、でもなぜか自慢げなのが悲しい。

人と人とがわかりあえるのは言葉だけじゃないと思うから
ずっと写真を撮っているのだし、それでもいいと思っています。
とは言えもう少し、来年は語学にも力をいれていきたいです。



昔「何かを始めたら10年は続けなさい」と言われたことがあります。

一人旅も写真も来年で10周年!
そろそろ何かのかたちでみなさまに見ていただける機会を持ちたいなと
考えております。2015年はそんな年にしたいです。





最後になりましたが、今年も一年間大変お世話になりました。
いつもシガmemoを読んでくださるみなさまには言葉で言い尽くせないほど
感謝しています。ありがとうございます。



それではみなさま良いお年をお迎えくださいね。

志賀美穂


記事ここまで



◎ブログ記事検索

 

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他