● TREASURED TWENTIES

9月25日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

川島明日歌さんによる写真展「TREASURED TWENTIES」を開催中です。

 

 

 

今回の展示会期は2週間で、実は1週目と2週目の展示内容はガラリと変わっています。

 

<1週目の展示の様子>

 

この展示開催中に、30歳のお誕生日を迎えた川島さん。

輝きながら20代を生きる、10人の女性たちを撮りおさめていくことは

自身の20代を振り返っていくことと重なっていきます。

 

1週目は彼女たちにそっと寄り添うように見守るように撮られた写真を展示してくださいました。

 

 

そして現在2週目の作品は、さらに近い視点でまさにすぐ後ろを、

軽やかに走って追いかけていくような写真をご覧いただけます。

 

素直にまっすぐに、キラキラと輝く20代の彼女たちの笑顔を見つめ

撮られた川島さんの「宝物」、ぜひお見逃しなく。

 

 

こちらの展示は10月8日(日)16時まで。

※9月27日(水)、10月4日(水)休館日

 

最終日の10月8日(日)13時から展示終了時間まではクロージングパーティを開催、

そして14時30分頃からは、今回の川島さんの作品にも登場している、

武蔵野音楽大学生ユニット"CALLgirl"によるフルートとクラリネットの演奏会もございますので

みなさまぜひお立ち寄りください。

 

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

<作家プロフィール>

川島 明日歌 (かわしま あすか)

大分市生まれ、アメリカ育ち、東京都在住。

名前通り歌うこと、音楽が好き。

2015年春、フィルム写真を始めて

気付けばフィルムカメラが11台(!)

いろんな服に着替えるように

いろんな歌を歌いながら

いろんなカメラを持ち歩く毎日。

1987年生まれ。

会期中、10月3日に30歳の誕生日を迎える。

 

 

 

 



記事ここまで


● Illustration and Photograph Exhibition「Sunny302」

9月11日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

Norikazu Hatta × Keisuke Aoyagi

Illustration and Photograph Exhibition

Sunny302 を開催中です。

 

 

昨年の同時期に開催された「Sometimes Sunny 二人の野球帽展」に引き続き、

今年もイラストレーター・八田哲一さんと、写真家・青柳圭介さんの2人展を開催することが叶いました。

 

 

 

本展では、とあるアパートの302号室で暮らすふたりの日々を、写真とイラストでご覧いただけます。

 

秋から冬、春から夏と、1年をかけてふたりの日常を青柳さんが撮影し、

撮影された写真を受けて、そこには写っていない情景を八田さんがイラスト描いていかれたそうです。

 

 

光溢れる、302号室のふたりの日常、音が流れるように描き撮られたイラストと写真、

八田さんと青柳さんの作り出した空間をぜひご堪能ください。

 

 

また、1階店舗では、今回の展示にあわせてつくられた「SUNNY SKATE BOYS」グッズや、

お2人の写真集・イラスト集を販売させていただいております。

 

 

 

5パネルハットやキャップ、Tシャツ・サコッシュなど、数量限定となりますので気になる方はおはやめに。

※写真集とイラスト集はセットでも販売しております。

 

 

monogramスタッフもオリジナルTシャツを着てお待ちしております!

 

 

 

こちらの展示は9月24日(日)16時まで。
※9月13日(水)、20日(水)休館日

 

ご本人が在廊されている時間もありますので、ぜひお2人に会いにいらしてくださいね。

在廊予定などにつきましては、当店公式Twitterにてお知らせいたします。

>monogram 公式Twitterアカウント


みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 


<展示作家プロフィール>

八田哲一 / Norikazu Hatta

イラストレーター

http://everydayworks.co

 

青柳圭介 / Keisuke Aoyagi

写真家・フォトレタッチャー

http://keisukeaoyagi.com

 

 

 



記事ここまで


● nana × rira.「とおりあめ」

9月4日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

nanaさんとrira.さんによる2人展とおりあめ」を開催中です。

 

 

 

突然帰り道にポツポツと降りだサッとあがる雨

走りだして雨やどりしたり、びちょびちょに濡れたり

そして、いつの間にか空には虹が出ていたり

 

そんな爽やかさやさびしさがこぼれる、お2人の写真たち

 

 

 

缶バッジやエコバッグなどのオリジナルグッズを販売しています。

ご購入の際は、商品を持って1階店舗までお越しください。

 

 

こちらの展示は9月10日(日)16時まで。

※9月6日(水)休館日

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

<作家プロフィール>

rira.

東京、神奈川を中心に活動中。

2014年にライブフォトグラファーとして活動開始。

主にライブ写真やアーティスト写真を撮影しており、

サーキットイベントのカメラスタッフも担当している。

2017年からフォトグラファーへと肩書きを変え、本格的に作品撮りを始める。

これまでに原宿や下北沢で写真展を開催している。

http://rirariraran.tumblr.com/

 

nana

東京を中心に活動中。

2016年にフォトグラファーとして活動開始。

ライブハウスや小劇場などで撮影をはじめる。

同時期にDPEショップで勤務。

一度カメラを手放し、カメラマンとしての活動を止めるが

2017年からウエディングフォトやお宮参りなど記念日撮影を始める。

これまでに東京駅での写真展に参加、東高円寺で個展を開催している。

 

 

 



記事ここまで


● いとう写真館写真展「あたりまえの宝物〜ふつうの時の肖像図鑑〜」

8月21日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは
いとう写真館写真展「あたりまえの宝物〜ふつうの時の肖像図鑑〜」を開催中です。

 

伊東俊介さんが2005年より撮り続けてきたモノクロの肖像写真

そこに写る人たちと伊東さんが積み重ねてきた時間は

あたりまえだけれど特別な、何ものにも代え難い宝物

 

 

 

これからも続いていく、続けていくその時間

まだまだ増えていくであろう時間の中の

それぞれの人々の「今・今まで」を、ぜひじっくりご覧ください。

 

 

こちらの展示は8月25日(金)16時まで。
※8月23日(水)休館日

 

また、8月22日(火)・24日(木)・25日(金)の3日間は伊東さんが在廊予定です。

ぜひ伊東さんに会いにいらしてくださいね!

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

そして改めまして、「いとう写真館」撮影会開催のお知らせです。

 

 

 

すでに 8月18日(金)〜20日(日)の3日間に開催した撮影会には

たくさんの方々がご来店くださいました。

 

2017年の「いとう写真館」撮影会は残すところ2日間です。

 

「今という時間を忘れないために。

 世界でたった一枚の写真を残してみませんか?」

 

迷っていたらぜひいらしてください。

 

 

現在開催中の展示会場内では、撮影会で撮影いただいた写真を

どんな風に仕上げることができるかもご確認いただけます。

 

 

撮影会にご来店予定の方は、ぜひご参考に。

 

 

撮影会日程:

2017年8月26日(土)・27日(日)

11:00〜20:00 ※最終受付は19:40

 

料金:

15,000円(税別)〜 

※撮影・現像・プリント・台紙・送料込み

 

※撮影会のご予約はmonogramにてまだまだ受付けております。

 また、当日予約なしでの撮影も可能ですので、安心してご来店ください。 

 

ご予約およびお問い合わせにつきましては

下記までご連絡くださいませ。

 

【ご予約・お問い合わせ】

写真屋「monogram」

東京都目黒区鷹番2-19-13

TEL:03-3760-5852

http://monogram.co.jp

 

 

 

<展示作家プロフィール>

伊東俊介

雑誌や、書籍等で活動しつつ、昔ながらの銀塩フイルムで家族の肖像を遺す『いとう写真館』を

ライフワークとして続け、現在では活動の中心になり、活動13年間で全国で約140回開催し、

延べ8,000組の家族へ、肖像作品を届け続けている。

 

 

 



記事ここまで


● 大澤瞳写真展「Nobody Knows Country 誰も知らない国」

8月7日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

大澤瞳さんによる写真展Nobody Knows Country 誰も知らない国」を開催中です。

 

 

気がついたら迷い込んで森のなか

ぐるぐる歩き回ってダンスして

そこから一歩でも外に出れば、なにもなかったことのように

 

 

大澤さんがつくりだした「誰も知らない国」をご堪能ください。

 

 

 

 

今回は、この展示のために作られたパンフレットや冊子を無料でお持ち帰りいただけるほか、

会場内で流れているBGMをおさめたCDを1階店舗にて販売させていただいております。

ご希望の場合は、1階店舗スタッフにお声をおかけくださいね。

 

 

 

こちらの展示は8月13日(日)16時まで。

※8月9日(水)休館日

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

<作家プロフィール>

大澤 瞳(Osawa Akira)
1985年 埼玉出身
http://www.akiraosawa.me

 

 

 



記事ここまで


● カメラピープル「フィルムカメラ ラスト1コマ公募写真展」終了しました!

7月17日(月)より、monogram 2階ギャラリーで開催しておりました

カメラピープル「フィルムカメラ ラスト1コマ公募写真展」

本日8月6日(日)をもちまして終了いたしました。

ご来場いただいたみなさま、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!!

 

フィルムカメラは、デジタルカメラやスマートフォンのように

撮影写真の削除や、何枚も撮り続けるということができません。

 

今回の写真展は、決して多くはないフィルムで撮影できる枚数のうち、

最後に撮った写真限定の公募写真展でした。

 

 

 

「最後の1コマ」は人によってそれぞれで、その違いを観てゆくのも楽しい展示でした。

迷いに迷って撮られた写真、いつもの流れで撮られた写真、

早く現像に出したくて無理矢理シャッターを押した写真などなど…

 

 

 

そして、出展写真に添えられた写真についてのエピソードも

応募フォーマットが自由だったため、手書きだったり

熱い想いが1枚の紙にこもっていたりと見応えたっぷり!

 

 

今回はわたくしアズマをはじめ、monogramスタッフも参加させていただいたのですが、

写真を探すにあたり今までのネガを見返してみると、私の場合

最後だということをまったく気にせずに撮っている写真と、

(その場合、シャッターを押した後にフィルムが巻き戻り始めて、最後だったことに気がつく)

もう早く現像した過ぎて、お店のスタッフたちと自撮りした写真ばっかりでした。

 

みなさまの「ラスト1コマ」はどんな写真ですか?

展示は終了しましたが、ぜひご自身のネガを見返してみてくださいね。

 

また公募写真展を開催する際は、みなまさぜひご参加くださいませ!

 

 

明日8月7日(月)からは、大澤瞳さんによる写真展

「Nobody Knows Country 誰も知らない国」を開催いたします。

おみのがしなく!

 

 

>monogram Webサイト「ギャラリー」ページ

 

 



記事ここまで


● 「ひっそり展」大友雄介写真展

6月19日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

「ひっそり展」大友雄介写真展 を開催中です。

 

 

「ひっそり」ってなんだろう?

普段、何気なく「ひっそり」という言葉を使っているなあと思い調べたところ

「物音や人声がせず静かなさま」という意味が出てきました。

 

大友さんが撮られる写真からは、

気配・残り香のようなものとともに、静けさを感じます。

 

毎日の中で、ハッとしたときにシャッターが切られた写真たち

会場内に流れる涼やかな空気の中で、ぜひゆっくりご覧ください。

 

 

 

会場内では展示写真以外の写真をまとめたブックをご覧いただけるほか、

展示写真の販売も行っております。

ご希望の場合は、1階店舗スタッフにお声をおかけくださいね。

 

 

 

こちらの展示は月18日(日)16時まで。

※6月21日(水)、6月28日(水)休館日

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

<作家プロフィール>

大友雄介
1978年 大阪府出身

2016年 monogram写真表現教室修了

 

 

 



記事ここまで


● 持田功太 個展「ひとのにおい」

5月12日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

持田功太 個展「ひとのにおい」を開催中です。

 

 

人混みの中、草の上、たった1人で歩き回っているとき

すれ違う瞬間に目の端で、耳で、空気で感じる「ひとのにおい」

 

持田さんの写真からは、対象物の前で立ち止まって撮られたというよりは

通りすぎる中で見かけた物を後で思い出したような、軽やかさと切なさを感じます。

 

 

 

今回の展示では、展示写真と、持田さんが撮影されたチェキ生写真の販売も行っています。

展示写真をご購入の場合は1階店舗でご予約を、

チェキ生写真をご購入の場合はお求めの物を持って1階店舗でお会計を承っておりますので

1階店舗スタッフにお声をおかけくださいね。

 

 

また、会場内では、持田さんの写真作品が掲載された

雑誌「NOUMU」をご覧いただけます。

 

 

ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

こちらの展示は6月18日(日)16時まで。

※6月14日(水)休館日

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

<作家プロフィール>

持田功太
1990年1月15日生まれ。バンタンデザイン研究所映画映像学部2013年卒業。
意図的に写真を撮るのではなく、ふとした瞬間を記憶に留めておくために写真を撮っている。
そこに残された人の気配、日常の些細なことがテーマ。

 

 



記事ここまで


● monogram企画展「LOOKBOOK 2017 SS」

5月22日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは
monogram企画展「LOOKBOOK 2017 SS」を開催中です。

 

 

今回の「LOOKBOOK 2017 SS」は、今年の1月、

monogram9周年企画展として開催した展示「LOOKBOOK 2016-2017 AW」の

続編・2017年春夏コレクションとして、写真家・児島章次さんによって撮影していただきました。

 

撮影場所は前回に引き続き、monogram実店舗がある学芸大学の街や、

monogram2階ギャラリースペース。

 

身近な景色に溶け込む、monogramがご提案する「写真のある生活」の姿

秋冬コレクションとはまた違う、

爽やかな光を感じる15点の写真をぜひご堪能ください。

 

今回もプリントはmonogramが担当させていただきました!

 


こちらの展示は6月11日(日)16時まで。
※5月24日(水)、31日(水)、6月7日(水)休館日

 

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

追記

特別サイト「LOOKBOOK 2017SS」が公開されました。

ぜひあわせてご覧ください。

>http://monogram.co.jp/lookbook/

 

 



記事ここまで


● たいせつな じかん 〜 CONOS + MATILDA 作品展 〜

5月15日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

「たいせつな じかん 〜 CONOS + MATILDA 作品展 〜」を開催中です。

 

 

本展は、CONOSさんによる写真作品と、

MATILDAさんによる手作りの作品の展示です。

 

CONOSさんがカメラにおさめた「たいせつな じかん」をたどっていくと、

キラキラやピカピカが私たちの心にもやってきます。

 

 

いつも目に入る場所に、当たり前に写真があること。

そんな楽しみをおしえてくれる写真たちです。

 

 

そして、生活の中になじんでいく

MATILDAさんの作られたトートバッグやポーチ

 

身近にあって欲しい、丁寧に紡がれた時間を感じることができる

お2人の作品を、ぜひじっくりご覧ください。

 

 

会期中、展示いただいているMATILDAさんの作品をご購入いただくこともできますので

ご希望の際は1階店舗スタッフにお声をおかけくださいね。

 

 

こちらの展示は5月21日(日)16時まで。

※5月17日(水)休館日

 

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

<作家プロフィール>

CONOS
福岡県生まれ 東京都在住
写真の学校 東京写真学園修了

 

MATILDA
東京都在住

 

 

 



記事ここまで


| 1/25PAGES | >>


◎ブログ記事検索

●おすすめリンク

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他