● 持田功太 個展「ひとのにおい」

5月12日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

持田功太 個展「ひとのにおい」を開催中です。

 

 

人混みの中、草の上、たった1人で歩き回っているとき

すれ違う瞬間に目の端で、耳で、空気で感じる「ひとのにおい」

 

持田さんの写真からは、対象物の前で立ち止まって撮られたというよりは

通りすぎる中で見かけた物を後で思い出したような、軽やかさと切なさを感じます。

 

 

 

今回の展示では、展示写真と、持田さんが撮影されたチェキ生写真の販売も行っています。

展示写真をご購入の場合は1階店舗でご予約を、

チェキ生写真をご購入の場合はお求めの物を持って1階店舗でお会計を承っておりますので

1階店舗スタッフにお声をおかけくださいね。

 

 

また、会場内では、持田さんの写真作品が掲載された

雑誌「NOUMU」をご覧いただけます。

 

 

ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

こちらの展示は6月18日(日)16時まで。

※6月14日(水)休館日

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

<作家プロフィール>

持田功太
1990年1月15日生まれ。バンタンデザイン研究所映画映像学部2013年卒業。
意図的に写真を撮るのではなく、ふとした瞬間を記憶に留めておくために写真を撮っている。
そこに残された人の気配、日常の些細なことがテーマ。

 

 



記事ここまで


● monogramバザール「ホルダー&ストラップ」

 

6月1日(木)〜18日(日)まで開催中の「monogramバザール」

 

バザール出品商品の中で、ピンポイントでおすすめの商品が

「ホルダー&ストラップ」のシリーズです。

店頭品、サンプル品のためとっっってもお買い得になっています。

 

写真真ん中の縦2種類

・Panasonic LUMIX GF2 ホルダー&ストラップ(レッド)

6,000円(サンプル品)

 

・Panasonic LUMIX GF2 ホルダー&ストラップ(グリーン)

6,000円(サンプル品)

 

・OLYMPUS PEN E-P3 ホルダー単品(ブラック)

10,260円→7,182円(30%OFF)

 

・OLYMPUS PEN E-P3 ホルダー&ストラップセット(ブラック)

15,120円→10,584円(30%OFF)

 

 

・OLYMPUS PEN E-PL7 ホルダー単品(ブラウン)

9,180円→7,344円(20%OFF)

 

 

・富士フイルム FinePix X100 ホルダー&ストラップ(ブラウン)

3,500円(サンプル品)

 

 

・SONY NEX-5、NEX-5N ホルダー単品(キャメル)

10,800円→7,560円

 

 

以上該当するカメラをお持ちのかたには、とってもおすすめです。

通常は受注生産品ため、ご注文いただいてから約1ヶ月お時間をいただきますが、

こちらのホルダーは、その場ですぐお持ち帰りいただけます!

 

店頭でお試しいただくこともできますので、

ご来店の際はカメラもぜひお持ちください。

 

 

「monogramバザール」

2017年6月1日(木)〜18日(日)

12:00〜20:00 / 水曜定休日

>ブログ「monogramバザール開催!!」

 

最新情報はmonogram公式Twitterでチェック!

>monogram公式Twitter

>実店舗「monogram」



記事ここまで


● monogramバザール開催!!

「monogramバザール」

2017年6月1日(木)〜18日(日)

12:00〜20:00/ 水曜定休日

 

 

 

革の裁断が少しズレてしまったカメラストラップ

店頭品だった商品

ちょびっと汚れがついてしまった帆布シリーズ

1回だけ撮影に使用した超美品

少し傷がついてしまったフォトフレーム S・L

廃盤商品になってしまったデッドストック

商品化前の試作品(でもクオリティーには自信があって、1点のみの超レアなもの!)

などなどなどなど!!!

 

カメラ雑貨以外のスタンプやシールなどの雑貨もお買い得になって、

盛り盛りだくさんご用意しています!

(上の写真はほんの一部です)

 

そして、なんとすべて20%〜70%OFF!!

 

人気の「ホルダー&ストラップ」も一部出品中!

ブログ「monogramバザール ホルダー&ストラップ」

にてご紹介しています!

 

 

1点しかご用意のないものもありますので、

狙っているものがあるかたはお早めにっ。

皆様のご来店、お待ちしております!!!

 

なお、「monogramバザール」は店舗限定での開催のため、

お電話でのご注文などは承ることができません。

ご遠方のかたには申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。

 

 

最新情報は、monogram公式Twitterをチェック!

>monogram公式Twitter

>実店舗「monogram」

 



記事ここまで


● monogram企画展「LOOKBOOK 2017 SS」

5月22日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは
monogram企画展「LOOKBOOK 2017 SS」を開催中です。

 

 

今回の「LOOKBOOK 2017 SS」は、今年の1月、

monogram9周年企画展として開催した展示「LOOKBOOK 2016-2017 AW」の

続編・2017年春夏コレクションとして、写真家・児島章次さんによって撮影していただきました。

 

撮影場所は前回に引き続き、monogram実店舗がある学芸大学の街や、

monogram2階ギャラリースペース。

 

身近な景色に溶け込む、monogramがご提案する「写真のある生活」の姿

秋冬コレクションとはまた違う、

爽やかな光を感じる15点の写真をぜひご堪能ください。

 

今回もプリントはmonogramが担当させていただきました!

 


こちらの展示は6月11日(日)16時まで。
※5月24日(水)、31日(水)、6月7日(水)休館日

 

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

追記

特別サイト「LOOKBOOK 2017SS」が公開されました。

ぜひあわせてご覧ください。

>http://monogram.co.jp/lookbook/

 

 



記事ここまで


● 【たなかのたなのなか】2本目のレンズを買ってみました!

こんにちは、ご無沙汰しています。

スタッフタナカです。皆様お元気ですか?

 

monogramのTwitterやこのブログでも何度かご紹介していますが、

私が主によく使っているカメラは

フィルム一眼レフカメラの「Nikon FM3A」と、

コンパクトフィルムカメラの「NATURA CLASSICA」の2台です。

 

最近は小さくて軽いコンパクトカメラのNATURAばかり使っていましたが、

実は今年1月末に、Nikon用に新しくレンズを購入しました!!!

 

今まで50mmのレンズ1本しか使っていませんでしたが、

店頭でお客様とお話ししたり、

お客様がお使いのカメラのファインダーを覗かせていただいたりしているうちに、

自分には50mmよりも、もう少し広角の方が合っているのではないかしら?

と思い始めたのがきっかけでした。

 

 

カメラやレンズを買うのは、私にはとても勇気がいります。

それでもどうしても気になって、「えいっ!」と

学芸大学駅から徒歩約15分のところにある

中古カメラ屋さん「三宝カメラ」さんに探しに行きました。

 

「50mmよりも少し広角のレンズを探している」とお伝えすると、

画角や絞り値の異なるレンズを、いくつか出してくださいました。

それを順番に自分のカメラに試しに着けさせていただき、ファインダーを覗くと、

「これかな」とイメージしていた画角は、

実際に着けてみると「なんか違うかも?!」となったり、

想像していたよりも歪みが気にならないことに気がついたり、

店員さんと相談しながら、悩んだ末に「Nikkor f2 35mm」レンズを購入することにしました!!

 

「じゃあ、これをお願いします。」

と言うときのドキドキたるや...!

 

帰り道も、「レンズ買っちゃったー!!」と、ドキドキウキウキしました。

 

 

 

それからというものの、35mmレンズを着けて覗く世界は、

同じカメラなのに全然違って見えて、新鮮で、楽しくて仕方がありません。

また一眼レフを使う機会が増えました。

 

 

 

 

 

 

たまには、こういう買い物もいいなぁ!!!

と、心底思ったのでした。

monogramもそういうお店であれたらいいなぁ。

 

 

>実店舗「monogram」

>三宝カメラ(学芸大学の中古カメラ屋さん)



記事ここまで


● 【まなほのま】帰ってきました

こんにちは。

すっかり暑くなってきましたね。春はどこへ行ったんでしょうか?

衣替えをすこしずつ始めました。カネコです。

 

仙台、北九州、京都と巡って、東京に帰ってきて1ヶ月経ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

途中まで入れていた日付をいつのまにかOFFにしていました。

途中で電池が切れて入れ直したから、かな?

 

長く家をあけるとなると、家を出るのが名残惜しくて仕方がなかったですが

いざ旅立てば毎日が本当にあっという間で、記憶がまぜこぜです。

 

東京のスピードは速いなあと思いますが、

このスピードがしっかり身体に馴染んでいるもの実感します。

でも、将来の夢は「海が近くにあるところで縁側のある家に住む」です。

 

 

この期間中たくさん写真を撮ったせいか、5月はあまり写真を撮っていません。

とっても嬉しいことがあった日にカメラを持っていなくて悔しい出来事も。

これからは撮らなくても持ち歩こう、と決意したところです。



記事ここまで


● たいせつな じかん 〜 CONOS + MATILDA 作品展 〜

5月15日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

「たいせつな じかん 〜 CONOS + MATILDA 作品展 〜」を開催中です。

 

 

本展は、CONOSさんによる写真作品と、

MATILDAさんによる手作りの作品の展示です。

 

CONOSさんがカメラにおさめた「たいせつな じかん」をたどっていくと、

キラキラやピカピカが私たちの心にもやってきます。

 

 

いつも目に入る場所に、当たり前に写真があること。

そんな楽しみをおしえてくれる写真たちです。

 

 

そして、生活の中になじんでいく

MATILDAさんの作られたトートバッグやポーチ

 

身近にあって欲しい、丁寧に紡がれた時間を感じることができる

お2人の作品を、ぜひじっくりご覧ください。

 

 

会期中、展示いただいているMATILDAさんの作品をご購入いただくこともできますので

ご希望の際は1階店舗スタッフにお声をおかけくださいね。

 

 

こちらの展示は5月21日(日)16時まで。

※5月17日(水)休館日

 

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

<作家プロフィール>

CONOS
福岡県生まれ 東京都在住
写真の学校 東京写真学園修了

 

MATILDA
東京都在住

 

 

 



記事ここまで


● 6/2(金)夜開店「暗室BAR」参加者募集中★

こんばんは、店長アズマです。

monogram2階スペース特設暗室にて、お酒を飲みながら手焼きプリントを体験し
参加者みんなで写真について、写真以外のことについて語る…
一夜限りの限定ショップ「暗室BAR」

6月2日(金)、1年ぶりに開店いたします!

ご自身の現像済みネガをお持ちいただき
手焼きプリントを体験していただきながら、
金曜日の夜をみんなで楽しみましょう!


☆2014年10月開催「暗室bar」をスタッフカネコがレポート!
>【まなほのま】暗室bar!




●内容
<講師・林和美さん(NADAR)から>
難しい事はさておき暗室を体験して頂きます。
暗室の赤い光の中、真っ白な紙から写真が浮かび上がる瞬間の感動。
それは体験した人にしかわかりません。
特別なカメラ、写真の知識は不要です。
フォトグラム(※)も行ないますから、普段デジタルカメラを使っていて
ネガフィルムがない方でも、ご参加頂けます。

林和美(NADAR)
http://kazumi-h.net
http://nadar.jp


※フォトグラムとは、カメラを用いずに、印画紙の上に直接物を置いて
 感光させるなどの方法により制作された写真作品。






●開催日時
2017年6月2日(金)19:30〜22:00(2時間半)

●開催場所
写真屋「monogram」2階スペース
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-19-13
TEL:03-3760-5852
東急東横線「学芸大学」東口より徒歩1分
http://monogram.co.jp/about/

●定員
8名
※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。

●参加費
3,000円(税込)

●必要なもの
・撮影後現像したネガフィルム(35mmネガ、ブローニー6×6ネガのみ、モノクロが好ましいがカラーも可)
・ネガのない方、フォトグラム希望者は、光が透ける小物、形の面白い小物。
・お飲み物(アルコール可)、おつまみ

※上記点でわからない場合はお気軽にお問合わせください。

●参加方法
以下リンク先の専用応募フォームに必要事項をご記入の上、送信ください。
受付は2017年5月23日(火)24時締切
ご応募いただいた方には5月25日(木)中にメールにてご案内さしあげます。

 

※なお、応募多数の場合、抽選とさせていただきます。予めご了承下さい。
※お電話及びメールでの受付は行っておりません。
 お申し込み希望の方は必ず応募フォームよりお申し込み下さい。
※内容は初心者の方に合わせたものとなっております。
 これまで写真教室などで暗室経験や現像作業を行ったことがある方は、
 初心者向け内容ということをご了承ください。
※時間厳守でお願いいたします。
※お飲み物(アルコール可)やおつまみはご自身でお持込みください。
 もちろん、お茶やお水など飲酒でない方もご参加可能です。
 



記事ここまで


● 水野谷眸 作品展「mother」

5月1日(月)より、monogram 2階ギャラリーでは

水野谷眸 作品展「mother」を開催中です。

 

 

本展は、水野谷眸さんが2014年から撮ってこられた、

自身のお母様の写真を中心に構成された作品展です。

 

そこに生まれ、育まれ、形成されゆく

地面に浸透していく水が時間をかけて染みだしていく様を見ているような

 

布地から染みだす光、ただ今を生きること

 

 

 

写真の販売も行っています。

ボックスやカゴに入っている写真は、

お気に入りいただけたらその日にご購入いただけます。

写真を1階店舗までお持ちになり、スタッフにお声をおかけくださいね。

 

こちらの展示は5月14日(日)16時まで。

※5月3日(水)、10日(水休館日

 

 

また、5月13日(土)の13時半〜、15時半〜 には

会場内でギターの弾き語りが行われます。

 

5月7日(日)に行われた、Chocolatのみなさんのジプシージャズの演奏と

武田初芽さんによる朗読のイベントにも、たくさんの方が足をお運びくださいました。

 

この週末もぜひ、生演奏で空気がふるえる心地よい空間をお楽しみください。

 

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

<作家プロフィール>

水野谷眸 梅雨生まれ
2013年 個展
日日温和〜あたたかいここちよさ〜
学芸大学 monogram

2016年 グループ展
Dummy Book Workshop Kyoto
京都 MEDIA SHOP

https://www.instagram.com/mother.hitomizunoya/

 

 

 



記事ここまで


● 【シガmemo】北欧、スケーエンの画家たち。

こんにちは。みなさま、どんな春をお過ごしでしょうか?

私は花粉症が酷くて、布団の中で生きています。

 

先週あたり、やっと重い腰をあげ、春支度をはじめました。

寝具やクッションカバー、洋服を洗濯機でかき回し春物にお取り替え。

それから家中を行き来して、写真や絵を入れ替え再配置。

 

壁にかけていた額を外すと、うっすら色の差異を見つけました。

濃淡の境目を何度も指で撫でてみる。日に焼けた水着の痕みたい。

 

ふとしたところに月日を感じるものだなぁと思います。

 

 

やっとこさ部屋の掃除を終えて、せっかくなのでお花見がてら国立西洋美術館に出かけました。
お目当てはスケーエン展。
スケーエンはデンマークの端っこにあります。
パリで洗礼を受けた印象派がコペンハーゲンから移り住んだ小さな村。
女性が好きそうな絵だなぁと思い、母を誘いました。

 

「この絵が一番すき。リビングに飾って毎日眺めたいわ〜。」と、
クロヤーの『ばら』を指差し、母は嬉しそうでした。

私はアンナ・アンカーの『古い窓』を見て、スケーエンの風景を想起しました。
絵を見ていると木々が揺れ、葉が重なり合う音、窓越しに住人の鼻歌が聞こえてくるようです。

 

画家が熱心に光を描けば描くほど、そこに描かれていないものを想像させられる。

絵の中でキラキラ輝く夏の日差しから、私は長く厳しい北欧の冬を感じました。

彼らは夏が訪れるのを、どんなに待ち遠しく思っていただろうと。

 

【ミカエル・アンカー/海辺の散歩】

 

◆日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 スケーエン:デンマークの芸術村

第2、第4土曜日は入場無料です。



記事ここまで


| 1/92PAGES | >>


◎ブログ記事検索

●おすすめリンク

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他