● 消費税率変更に伴うお知らせ【実店舗&オンラインストア】

いつも実店舗&オンラインストアをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2019年10月1日より消費税率が10%になることに伴い、当店提供の商品及び
サービス等に関わる消費税について、下記の通り改定させていただきます。

 

 

みなさまにはご面倒をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

>写真屋「monogram」
>オンライストア「monogram ONLINE STORE」



記事ここまで


● 【2階ギャラリー】2019年・2020年にご使用いただける方を募集中です!<9/16(月)更新>

こんにちは、店長アズマです。

現在 monogramでは、2019年・2020年に2階ギャラリースペースをご使用いただける方を募集中です。

 

写真の展示だけではなく、絵画などジャンルを問わず表現の場としてお貸し出ししています。
過去にはイラストやコラージュ作品の展示、

ご自身で作られたアクセサリーや服の展示会でご使用いただいたことも。

>今まで開催の展示のご紹介(ブログ)
>monogramギャラリー現在開催中の展示

 

 

【募集中の会期】

 

<2019年>

★10月14日(月)〜10月20日(日)

11月11日(月)〜11月17日(日)

11月18日(月)〜11月24日(日)

11月25日(月)〜12月1日(日)

12月2日(月)〜12月8日(日) 募集終了

12月9日(月)〜12月15日(日) 募集終了

12月16日(月)〜12月22日(日) 募集終了

 

<2020年>

1月6日(月)〜1月12日(日)

1月13日(月)〜1月19日(日)

1月20日(月)〜1月26日(日)

1月27日(月)〜2月2日(日)

2月3日(月)〜2月9日(日)

2月10日(月)〜2月16日(日)

2月17日(月)〜2月23日(日)

2月24日(月)〜3月1日(日)

3月2日(月)〜3月8日(日)

3月9日(月)〜3月15日(日)

3月16日(月)〜3月22日(日)

3月23日(月)〜3月29日(日)

3月30日(月)〜4月5日(日)

4月6日(月)〜4月12日(日)

4月13日(月)〜4月19日(日)

4月20日(月)〜4月26日(日)

4月27日(月)〜5月3日(日)

5月4日(月)〜5月10日(日)

5月11日(月)5月17日(日)

5月18日(月)〜5月24日(日)

5月25日(月)〜5月31日(日)

6月1日(月)〜6月7日(日)

6月8日(月)〜6月14日(日)

6月15日(月)〜6月21日(日)

6月22日(月)〜6月28日(日)

 

 

上記、頭に「★」がついている日程に関しましては、
会期がせまっているため、通常料金の30%OFF・35,000円/1週間「直前割」でご利用いただけます。
すでに展示物が用意できている!!時間がせまっていたほうがやる気がでる!!
などの強者のみなさまのご利用もお待ちしております☆

※1日単位でのご使用の場合、「直前割」は適用されません。

 

その他、今までのお貸出し単位「1週間」「2週間」に加え、1日単位でのお貸出しも承っています。

「金・土・日だけ展示したい!」「1日だけイベントで使いたい!」「撮影に使いたい!」など、お申込みの際にご相談ください。

ご使用料金は、9,000円/1日となります。

 

また、当ギャラリーをご使用いただくみなさまの作品を多くの方に長くご覧いただきたいという想いから、

2週間ギャラリーをご使用いただくとお得な「2週間割」サービスを実施しています。

通常1週間のご使用料金は50,000円ですが、「2週間割」では、

ご使用料金合計が80,000円(通常より20,000円引き)となりますのでぜひご検討ください。

 


ご使用は個人でもグループでもOKです!



かならずコチラの「レンタルギャラリー概要」をご覧いただき、お申込みください。

 

>レンタルについて「レンタルギャラリー概要」/ monogram Webサイト



専用フォームよりお申込みいただき、スタッフが内容を確認後

順次ご連絡させていただきます。



ご不明な点は下記までお問い合わせください。

monogram ギャラリー担当:東(アズマ)
TEL:03-3760-5852


みなさまのお申込みを心よりお待ちしております。

 

 



記事ここまで


● 熊谷聖司 櫻木綾子 二人展「新しい街へ」

9月3日(火)より monogram 2階ギャラリーでは、

写真家・熊谷聖司さんと、陶芸家・櫻木綾子さんによる二人展「新しい街へ」を開催しています。

 

 

 

透けた地面に立ち並ぶ建物のような、四角い立体は櫻木さんの作品。

まだ私が櫻木さんのことを存じ上げない頃、熊谷さんが「櫻木さんの焼き物は、骨みたいだいよ」と

教えてくださったのをずっと覚えています。

 

白、黒、緑

 

少し離れてみると、不思議に光る熊谷さんの作品。

絵のようだったので、「写真ですか?」と思わず聞きました。

櫻木さんの街を、彷徨いながら撮影された写真たち。

 

 

つくって、生活の時間を進めていく

その反復の中で何がみえるのでしょうか?

 

決められたフォーマットの中で繰り返し繰り返し、つくられていくもの。

でも決して同じにはならない、その違いに潜むおもしろさを、じっくりご覧ください。

 

 

ロベール・クートラスの「カルト」と

熊谷さんの「オーラクマガイセイジ」をみて作ったという、櫻木さんの作品。

そしてその繰り返しを受け、毎日変化していった熊谷さんの作品。

2人のつくり出した不思議な街を、ぜひ彷徨ってみてください。

 

 

 

今回の展示作品は、すべて販売しています。

熊谷さんの写真作品はすべて1点ずつのみのご用意で会期終了後のお渡し、

櫻木さんの焼き物作品は会期中もすぐにお持ち帰りいただけます。

 

 

 

熊谷さんの写真集もございます。

 

 

購入ご希望の際は、1階店舗スタッフにお声をおかけくださいね。

 

こちらの展示は9月15日(日)16時まで。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

☆熊谷さんは、同日程で小伝馬町のギャラリー・ルーニィ 247 ファインアーツさんにて

 写真展「オーラクマガイセイジ」を開催されていますので、こちらもぜひ。

 

 

 

●展示情報

熊谷聖司 櫻木綾子 二人展「新しい街へ」

2019年9月3日(火)〜 2019年9月15日(日)

※休館日:9月4日(水)、11日(水)

※最終日:9月15日(日)16時まで

 

櫻木さんの焼き物は不思議な世界を持っている
ひとつのフォーマットから展開されてゆく物体達
白、黒、緑を基調にそれぞれが個性派

懐かしい街を彷徨う感じで撮影した
写真を展示します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生活の時間を進めて行くこと
繰り返しの中の一回一回の違うことを見る
楽しみはそこにあるのではないかと思います
今回はクートラスのカルト
熊谷さんのオーラクマガイセイジを見て
四角い立体をたくさん作りました
小さな街を作っていくように


●作家プロフィール

熊谷聖司(くまがい・せいじ)
1966年北海道函館市生まれ。東京都在住.
写真作品制作、写真集制作(マルクマ本店)を中心に活動中
チェキから8x10カメラを使いこなし
自らカラープリント(Type-C)ゼラチンシルバープリントを作成しています。
個展に「もりとじゃねいろ」「あかるいほうへ」「spring,2011」「EACH LITTLE THING」など。
「MY HOUSE」「BRIGHT MOMENTS」「夢に纏う色彩」など写真集多数。

櫻木綾子(さくらぎ・あやこ)
1969: 札幌生まれ
1993: 多摩美術大学美術学部デザイン学科 卒業
2000: ウインズ陶芸研究所入所 板橋廣美氏に師事
2008: 第8回 国際陶磁器フェスティバル美濃 陶磁器デザイン部門 金賞
2009: 第49回 日本クラフト展 奨励賞
2011: 第9回 国際陶磁器フェスティバル美濃 陶芸部門 銅賞
2012: 第1回 茶の湯の現代 ー用と形ー 奨励賞
2013: 現代茶湯アワード弐〇壱参 オルタナティブ部門 銅賞
2015: 雪のデザイン賞 佳作

 

●場所

monogram 2階ギャラリー

〒152-0004

東京都目黒区鷹番2-19-13

03-3760-5852

東急東横線「学芸大学駅」東口より徒歩約1分

OPEN 12:00〜20:00/水曜定休

>monogram

 

 

 



記事ここまで


● 【店長日記】拝啓、シガちゃん

今日は雨音で目が覚めました。涼しさも感じられる8月の終わりです。

monogramスタッフは元気にやっています。

伊東さんも元気に、2019年の「いとう写真館」を開催してくださっています。

昨日のシガちゃんのブログ記事を読んで、昨年12月のことをバーっと思い出しました。

12月、山だから寒いだろうと上着を着込んでいったらとっても暑く、焚き火の最中は薄着になったなあ。

 

 

 

去年の秋頃でしょうか。

毎日が飛ぶように過ぎていく中で、私、シガちゃんたちに全然誕生日プレゼント渡せてないやん!と

気がつき、伊東さんを山の家に連れて行こう!出張いとう写真館をやってもらおう!

と思いついたときは、私も興奮しました。

シガちゃんと一緒に働いているとき、シガちゃんはよく

「写真に写るのも大事なんですよ、尚代さん!」と言っていました。

 

monogramで働いていると、写真に写る機会は多くあるけれど

当たり前のこととしてそれらを捉えていた私は、シガちゃんの言葉に密かに衝撃を受け、

そしてその言葉は徐々に私に染み込んでいきました。いまでもいつも、私の胸にあります。

 

 

山で伊東さんに撮っていただいたシガちゃんたちの写真が、私の手元に届いたのは今年の2月頃。

会った時に直接渡したいと思っていたから、お渡しするのが随分と遅くなりごめんなさい。

 

シガちゃんが書いてくれているのを読んで、久しぶりに白黒の映画を観たくなりました。

また薪ストーブの温かさを味わいに、山の家におじゃまします。

 

いつでもシガちゃんと、シガちゃんの家族のそばに大事な写真が在るように、願っています。

 

 

 

 



記事ここまで


● 【シガmemo】拝啓、いとうさんとひさよさん

こんにちは。

毎日暑い日が続きますがいかがお過ごしですか?

山は立秋を過ぎたころ、風が秋のにおいをつれて戻ってきました。

お二人が山の家に来てくださったのは昨年の冬のこと。

12月の初旬でしたが季節外れの太陽がギラギラ照りつける、夏みたいな日でしたね。

伊東さんと汗をかきながら焚き火を囲んだ日のことが懐かしく思い出されます。

 

最初に尚代さんから、いとう写真館が山の家まで出張してくださるという

素敵なプレゼントの話を聞いたときはとっても驚きました。

そしてそれが実現された日の私の興奮といったら。

その節は本当にありがとうございました!

そして先日、仕上がった写真を見てさらに嬉しかったんです。

なにがって、写真の中の私が幸せそうに笑ってたこと。

それはもう、ゲラゲラと。お恥ずかしいほど口を開けてね。

そのことが、とってもとっても嬉しかったんです。

 

そんなこと?とお思いになるかもしれませんがね、

普段の私ときたら、こら〜!とかダメー!とか

ママ鬼になるよ〜!っと、すぐ頭にツノが生えちゃうママなんです。

だからね、せめて写真の中のママは笑顔でよかった。

むしろ写真の中の私だけが娘の記憶に残って欲しいと、思ったくらいです(笑)

それから、古民家と白黒写真が渋〜い!

シチュエーションを選べるのは出張撮影ならではかもしれませんね。

なんだか小津映画に出演したみたいな気分になりました。

私は小津作品の中で「お茶漬けの味」が好きなのですが、

夫婦ってこんな感じでいいよなぁと、あれを見ると思います。

日々思うことはあっても、一緒にお茶漬けを頬張れたらそれでいいかって。

写真を眺めていたら、そんなことを思い出しました。

 

 

 

やれやれ話が横にそれましたが、

おふたりとも、また機会がありましたら我が家に遊びにいらしてください。

今冬は春に備えた薪ストーブをふんだんに活用しようと意気込んでいます。

夫はわな猟の資格をとりました。私は栗拾いに精を出しています。

美味しい季節がすぐそこです。

 



記事ここまで


● 横濱トリプレット

8月5日(月)より monogram 2階ギャラリーでは、

Hiroki Kamedaさん、Kuniyuki Yokooさん、Yuko Yokooさん

3名による写真展「横濱トリプレット」を開催しています。

 

 

今回の展示のテーマは、3人が出会った思い出の地「横濱」。

 

展示タイトルにある「トリプレット(Triplet)」とは、3つ組のことを指し、

3群3枚というシンプルなレンズの構成を表す言葉でもあります。

その特徴が3人の関係性を表していると感じ、「横濱トリプレット」と名付けられたそうです。

 

展示も3つの群で構成されており、それぞれの手焼きプリント写真、

圧巻の横浜の風景群、そして3人のプロフィールや撮影する姿がご覧いただける壁の3編をご覧いただけます。

 

 

 

3人が愛する横浜、3人が見つめた横濱写真をお楽しみください。

 

 

また、今回の展示では、それぞれの2Lサイズ写真のパネルを販売しております。

 

 

購入ご希望の際は、1階店舗スタッフにお声をおかけくださいね。

 

こちらの展示は8月11日(日)16時まで。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

●展示情報

横濱トリプレット

2019年8月5日(月)〜 2019年8月11日(日)

※休館日:8月7日(水)

※最終日:8月11日(日)16時まで

 

横浜であった3人が、思い出の地「横濱」をテーマに展示をします。

トリプレット(Triplet)とは、三つ組のことです。

また、3群3枚というシンプルなレンズ構成を表す言葉でもあり、その特徴が3人の関係性を表現していると感じ、横濱トリプレットと名付けました。

3人3様の横濱写真を楽しんでください。

●作家プロフィール
Hiroki Kameda:
神奈川県横浜市在住

産まれてから現在まで横濱の人。2012年、仕事が多忙になりバンド活動を断念したと同時に新たな趣味として写真を始める。初めて買ったカメラはトイカメラの「スメナ8M」。すぐにフィルムカメラの虜になり35mmフィルムカメラを使った街中スナップやポートレートを撮っている。愛用機はLEICA M5、Leitz Minolta CL、Nikon F80等。

寫眞喫茶アウラ舎との出会いにより暗室作業にも興味が湧き手焼きプリントを展示にも出展する。

2016年からは自らが主催するフィルム写真展「フィルムのススメ」を年に二度のペースで開催中。

 


Kuniyuki Yokoo:
千葉県出身神奈川県横浜市在住

写真活動は2011年より趣味として始めて街撮りや風景撮りを中心に気の向くままに好きなものを撮っている。

結婚を前後してフィルム写真も撮るようになり、妻と共に活動の幅を広げている。

フィルム写真展「フィルムのススメ」に参加し、その主催者のHiroki Kamedaとも深交を深めている。

 


Yuko Yokoo:
1989年千葉県生まれ
結婚を機に神奈川県横浜市へ移住

Rollei35S購入後、フィルムカメラにはまり、横浜の風景、スナップを切り取ることに励んだ。

Hiroki kameda、KuniyukiYokooとは、5年来の付き合いであり、共に展示に出展する仲である。

 

●場所

monogram 2階ギャラリー

〒152-0004

東京都目黒区鷹番2-19-13

03-3760-5852

東急東横線「学芸大学駅」東口より徒歩約1分

OPEN 12:00〜20:00/水曜定休

>monogram

 

 

 



記事ここまで


● 【まなほのま】お久しぶりです、戻ってきました。

みなさま、お久しぶりです。

覚えてくださっているでしょうか?スタッフカネコです。

 

 

昨年の11月末以来なので、8ヶ月ぶりにこのブログを書きます。

 

『monogramで過ごした時間があっという間でうまく振り返ることができないのですが

楽しみなような寂しいような不思議な気持ちです。

お客さまのみなさまには、この4年半大変お世話になりました。』

と、書いたのですが、結局うまく振り返ることができないままに、

そしてみなさまに「元気でね!頑張ってね!」と声をたくさんかけていただいたのに

早すぎて若干恥ずかしいくらいの想像以上に早く、この文章を書いています。

 

昨年11月末でお店を一度離れ、今年の1月末に男の子を出産しました。

 

出産前、確か今年の1月半ば。

机の上にカメラを置いて撮影。肝心のおなかがギリギリ。

 

病院を退院後、家に戻ってきた日。

実は病院ではほとんど一緒にいられなかったので、ここから急に一緒の生活の始まり。

(自分にとって、それはそれは大変な日々の始まりだったのですが、その話はまた今度…)

 

そうしてあっという間に6ヶ月経ち、今月からお店に戻らせていただくことになりました。

 

お店を離れている間にスタッフタナカとスタッフホリグチがそれぞれの出発の準備へ、

そしてあたらしいスタッフのイシゲがやってきていました。

久しぶりに1人でお店のドアを開けた時の空気が懐かしくて、背筋がぴんと伸びました。

変わったことも変わらないことも、今はどれも新鮮で楽しいです。

 

まだまだお店に長くは居られないのですが、みなさまにまたお会いできることがとても嬉しいです。

お会いできた際には、お話できていなかった間のことをたくさん聞かせてくださいね。

 

 

じっと見つめる先になにかがあって、それがなにかはわたしにはわからない。

いつかわかるかもしれないし、この先ずっとわからないかもしれない。

そういうことが楽しめるようになりました。



記事ここまで


● 【2019年】夏季期間の営業日・休業日のお知らせ

実店舗・オンラインストアの営業日・休業日

 

受注生産品について

カメラホルダーを中心とした「受注生産品」は、ご注文を受けてから職人が1点ずつ手作業で製作するため、

製作期間を約3週間〜1ヶ月いただいております。
ご注文日につき、夏季休暇後のお届けになる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

>monogram ONLINE STORE / カメラホルダー

 

 

 



記事ここまで


● 【ほりぐちのこと】 Dear M,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約1年間で、僕が撮っている写真は大きく変わらなかった

変わらないものがわかったし、変わっていくことがあるとしても受け入れることにしたよ。

手探りになるのもいいけど、あまり気にしなくてもいいじゃないか

 

少し見えないくらいでも、自分の好きなものを知っているし

ずっと変わらないんじゃないかな?

 

僕は1年考えたけどあまり変わらなかったよ

けど、1年楽しかった。

 

 

Photographer : Takuya Horiguchi

Print : Natsumi Sobukawa

Special thanks : monogram 

(さとうさん、みやもとさん、ひさよさん、そぶさん、ゆきさん、あやちゃん、さぶろーさん、ふみさん、さとみさん、かずみさん、ゆみさん、まなほさん、仲良くしてくださったお客様)

 

本当にありがとうございました。

またお会いできますように。

 

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



記事ここまで


● 【店長日記】いとう写真館 2019

東京の梅雨が明けました。

こんばんは、店長アズマです。

 

先日、出勤前にイラストの展示にお邪魔し、スタッフへのお土産のジェラートを抱えて

「暑い…熱い…」とつぶやきながら出勤しました。

仕事が終わった後、あーだこーだ言いながら一緒にアイスを食べる時間ももちろん嬉しいのですが、

待ってくれているスタッフの顔を思い浮かべて、ジェラートを選ぶのはとっても楽しい時間でした。

 

 

 

 

さて、暑い!熱い!夏がくるということは…

写真家・伊東俊介さんによる出張写真館「いとう写真館」が、今年もmonogramにやってくるということです!

monogramでの開催は、今年で6回目。あっという間の5年間でした。

 

 

そして今年は、monogram 2階ギャラリーで開催する写真館だけではなく、

伊東さんがあなたのお家にお邪魔します!撮影場所のご希望をお伺いします!

な、さらなる出張写真館のご希望も承ります!

 

お家を新築したから、家の前で撮りたい!

いつも生活している部屋で撮りたい!

ペットをつれてmonogramに出向くのが難しい!

という方に、ぜひご利用いただきたいです。

 

出張費は別途ご相談させていただくかたちとなります。

撮影日・時間などのご希望も承れますので、ご希望の方は、まずはmonogramまでお問い合わせください!

 

 

「いとう写真館 撮影会(5日間)」

2019年8月24日(土)・25日(日)・27日(火)・31日(土)・9月1日(日)

10:00 〜 ※最終受付は19:30

 

料金:16,000円(プリントのみ)[税別・送料別]
   17,500円〜(プリント+各種仕上げ)[税別・送料別]
 

 

「いとう写真館 さらに出張します!(4日間)」

2019年8月26日(月)・28日(水)・29日(木)・30日(金)のいずれか

時間要相談

 

 

【お問い合わせ】

写真屋「monogram」

東京目黒区鷹番2-19-13

TEL:03-3760-5852

E-mail:store @ monogram.co.jp(メールをお送りいただく際はスペースを消してください。)

担当:東(アズマ)

※ご予約の受付はお電話のみとなります。

 

 

 

 

遅くなりましたが、「いとう写真館」をご存知ない方に、ご紹介を。

 

「いとう写真館」は、写真家・伊東俊介さんが、ギャラリーやカフェ、雑貨店など

さまざまな場所で開催する出張写真館です。(店舗を設けている写真館ではありません。)

モノクロフィルムで自分の姿を残すことの大切さを伝える活動として、伊東さんは1年中全国各地を巡られています。

 

 

私と「いとう写真館」の出会いは2007年。

もうずいぶんと長い間お世話になっています。

 

最初は1年に1度、伊東さんに会いに行くような感覚で、いろんな場所で開催される「いとう写真館」に足を運んでいました。

(出会った最初の頃は「りす写真館」として運営されていました。)

 

そしてmonogramに入社し、「いつかうちのお店で「いとう写真館」やりたいな〜」とぼんやり夢みていたら、

2014年春、「やりましょう!」という話になったのです。まさに夢のようでした。

 

 

 

私は今年の3月、長年住んだ家からお引っ越しをしました。

引っ越しの荷物をまとめているとき、山のように積み上がった写真の山から、1枚の写真がはらりと滑り落ちました。

 

 

2014年、まさにmonogramで「いとう写真館」が始まった年に撮っていただいた写真です。

 

いつも「いとう写真館」の際は、モノグラムスタッフ集合写真とは別に、1人でも撮影をお願いしています。

2011年から、自分だけのアルバム仕上げを続けてきましたが、

この年は自分のお店で「いとう写真館」を開催できるのが嬉しくて、意気込んで焼増も注文しました。

 

アルバムに収まるでもなく、ふとした時に、いつも私の目の前に現れる写真。

 

この写真がお家に届いたときは、「あ、今年も、今年の私が届きましたね。ふんふん。」と、

嬉しくはあるものの、ただいつものこととして捉えていたように思いますが、

5年経った今この写真を見て、私の中に大きな感動の波がやってきました。

 

自分の写真があるってすごい!

すごいんです!

 

ぜひみなさまにもご体験いただきたいなあ。

 

 

 



記事ここまで


| 1/109PAGES | >>


◎ブログ記事検索

 

●カテゴリー

●実店舗「monogram」

●カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

●おすすめリンク

●最新の記事

●過去の記事

●リンク

●その他